ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

ノーメンテナンスの軽バンをメンテナンスする!

f:id:rajincom:20191123123723j:plain

ノーメンテナンスで購入した軽バン「日産NV100クリッパー」が納車されましたので、すこしづつメンテナンスしていきたいと思います。

 ノーメンテナンスで購入した車のエンジン内部清掃

最初に行ったのは、このボロ軽バンのエンジン内部を洗浄することです。ひとり社長は車の整備はこれまで行ったことはありませんのでエンジンをバラして洗浄はできません。

 

また、この軽バンもひとり社長の使用予定期間が1〜2年程度のため、整備工場で徹底的に整備することは考えておりません。

 

そのため、洗浄系の燃料添加剤を使用してエンジン内部の汚れ(カーボンなど)を除去していきます。使用するのは車業界では有名なF-1(フューエルワン)です。

 

 

とりあえず、ガソリンを満タンにしてF-1を全量投入しました。この状態で車を使用してガソリンが無くなったら、今度はオイル交換・オイルフィルターの交換を行う予定です。

 

その理由はF-1の清浄効果で除去された汚れの一部がオイルの方へ流入すると、ネットのどこかで書いてあったためF-1を使用した後にオイル交換を行うのです。

 

F-1を使用するだけで、ひとり社長的なエンジンの内部洗浄は終わりです。なお、車検が来年の10月にありますので、そのときにエンジン、排気系、足回りの不備等があれば修理したいと思っています。

 

現状では走行に問題があるような故障がないからです。まぁ、荷物を載せて走れればいいやという感じで購入していますので問題ありません。

 ノー洗車で購入した車の洗車

さて、エンジンの内部洗浄の次は、ノー洗車なこの軽バンクリッパーを洗車します。細かい傷がありますので、まずはそれを消します。最近はクレヨンタイプのもので簡単に消すことができますので大変便利です。

 

※クレヨンタイプの傷消しは使用箇所のサビや汚れを落としたら、クレヨンで塗るだけです。クレヨンを塗って、10分以上放置してから、再度、クレヨンを塗るを繰り返して厚みをもたせます。

あとは完全に乾燥してからコンパウンドで研磨して平らにならせば完成です。昔のタッチペンよりも簡単にきれいになります。タッチペンの場合はどうしても凹凸が残りましたが、クレヨンタイプは凹凸が消えます。

 

洗車は車両の外側の洗車を軽く行い、その後、車内の清掃を行います。内部はタバコのヤニだらけでしたので、リフォーム事業で使用している強めのアルカリ洗剤(ブレークアップ)で車内のヤニ汚れを溶かしてからウエスで拭き上げました。

 

また、タバコの消臭のために車内清掃後、リフォーム事業で使用しているオゾン脱臭機で車内を強力消臭しておきます。あとは、念のため、スプレータイプのファブリーズを車内の布部分に噴霧してから、車用のファブリーズを設置しておけばタバコの臭いは気になりません。

 

※オゾン脱臭機は室内も車内も使い方は同様ですが、車内は狭いため、短時間だけオゾンを放出して、あとは密封したまま半日程度放置しておきます。その後、よく換気すれば完了です。

オゾン脱臭機は自宅でも大活躍します。特に玄関で下駄箱のにおいが気になるときやペットがいるお部屋などに効果があります。

 

バッテリーを交換してエンストをふせぐ!

さぁ、これで車はきれいになり、エンジンもきれい?になりました。次はバッティー交換です。軽バンはもともと標準で容量の小さい低能力(ごめんなさい)のバッテリーが搭載されていますのでネットで安くて高性能なバッテリーを購入して交換します。

 

f:id:rajincom:20191127112409j:plain

車でスマホを充電したりしますので容量は大きめです

念のため、接点復活剤を使用して接続分をきれいにしてバッテリーを取り付けます。また、最近では車でUSBを使ってスマホを充電したり、空気清浄機を使用したり、電力を使うことが多いため、バッテリー上がりを防止するためにソーラーパネルを設置します。

 

※接点復活剤…金属部分の水分やカーボン等を除去して電気の通りを良くする

 

 ※車用のソーラーパネルは容量の小さいもので十分です。どちらにせよ充電する力は弱いため、自然放電した分を補える程度の充電能力があればバッテリー上がりをふせげます。

 

このソーラーパネルは小さいため発電量も小さいのですが、他の車(インサイト)で使用したところ、なんとなくですが、電力が強くなる効果を感じました。

 フィルターを交換して車内も車も快適に!!

なお、ついでにエアコンフィルターとエアフィルターを交換しました。どちらも元からついていたものは大変汚れていましたので交換してよかったです。

 エアコンのフィルター交換

エアコンフィルターはその名の通り、エアコンのフィルターです。車外から取り込んだ空気をエアコンフィルターに通してからエアコン内に取り込んで、その後に車内に冷房や暖房を効かせてくれます。

 

f:id:rajincom:20191123123702j:plain

ノーメンテナンスの中古車のエアコンフィルターです

エアフィルターの交換

エアフィルターは車のエンジンに空気を取り込む通り道に設置するフィルターです。エンジン内部に異物が混入しないように設置するものです。

 

こちらのフィルターも汚れて目詰まりすると、エンジンに取り込める空気の量が少なくなってしまい車の性能が落ちますので定期的に交換するといいみたいです。

f:id:rajincom:20191127152442j:plain

軽バンの場合は運転席の下にエンジンがあります

f:id:rajincom:20191127152511j:plain

エアフィルターが汚れるとエンジンへの空気の流入量が減ります

中古車を購入したらJAFへ必ず入ろう!

ひとり社長はこれまで新車を購入していましたので、任意保険は入っていても、JAFには入っていませんでした。

 

万が一の時は任意保険に付帯しているロードサービスで対応しようと思っていたのです。幸いなことにこれまでロードサービスのお世話になることはありませんでしが、198,000円で購入した中古車の場合はJAFに入っておいた方が良いと判断して入会しました。

 

ひとり社長は家庭用の車(ステップワゴン)と営業車(インサイト)、作業者(日産NV100クリッパー)を運転しますが、JAFはどの車でも対応してくれるのです!!!とにかく私であれば、その他の車でも対応してくれるのです。

 

なお、任意保険のロードサービスはあくまでも自家用が対応になりますので、間違っても汚い清掃道具や工具を満載した軽バンの故障には対応してくれません…(´;ω;`)

 

JAFの年会費は4,000円ですが、JAF会員になるとガソリンが安くなったり、飲食店の割引が受けられたり、映画やアミューズメント施設の料金が安くなりますので、家族持ちにとっては差引無料!!みたいな感じで使えます。

さぁ、次はすこしづつ内装を自分好み?にしていきます。

 

 ※車両198,000円 税金・その他費用合わせて298,000円でした。

www.one-president.com

 

次回へ続く・・・

 

以上、ノーメンテナンスの軽バンをメンテナンスする!でした。