ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

これからは本業+副業SNSで稼ぐ時代になる!

f:id:rajincom:20190903171832j:plain

最近は政治家も変わってきました、国会議員ユーチューバーの立花孝志さんやブロガー議員の音喜多駿さんなど政治家でも副業でSNSを活用する時代になりました。民間ではベンチャー企業の社長さんが副業SNSに力を入れているイメージですが、これからは誰もが本業+副業SNSが必須になります。

副業が解禁になった理由!

会社の就業規則で定められている「副業禁止」を解除する動きが広がってきました。これまでは会社の仕事以外の仕事したら就業規則に違反して会社をクビになっていましたが、これからは堂々と副業をしてよい時代になってきたのです。

 

副業が解禁になった理由は大きく2つ考えらます。一つは働き方が多様化してきたためです。二つ目は人手不足です。

 

働き方が多様化してきて年功序列の正社員以外の働き方が急激に増えてきました。個人で仕事をする人、自宅で仕事をする人、組織に属さない人、様々な働き方がある中でひとつの会社に縛り付けて仕事をさせることが難しくなってきました。

 

優秀な人材を確保するには会社に縛りつけるのではく、副業を解禁して会社外での活動をOKにすることで会社にいてもらうのです。また、会社外の活動で得た経験や知識を本業に活かしてくれたらと期待しているのです。

 

人手不足については、もう社会問題です。健康で頑張って働く気がある人は複数の会社で働いでもらいましょう!そして人手不足は解消されました…めでたし、めでたし…これは極端ですが、優秀な人材を確保するために就業規則を緩くして、また、人材不足を補うために就業規則をほとんど廃止して…という流れです。

 

企業の姿勢としては「副業をしてもいいからうちで働いて!」です。

本業と相乗効果の高い副業SNS

副業にはさまざまなものがありますが、これまでは昼の仕事と夜の仕事、平日の仕事と休日の仕事など、時間で区切られた本業と副業の関係が主でした。

 

「働く=仕事場に行く」という図式が多かったためです。しかし、SNSであれば会社で仕事をしている休憩時間でも、行き帰りの電車の中でも、いつでも副業SNSを行うことができるのです。

 

また、副業SNSは始めるのにお金はかかりません。未経験大歓迎です(誰も歓迎会を開いてくれませんが…)すぐに始められます(すぐにお金は稼げませんが…)

 

もちろん、大学を卒業していなくても、筆記試験を受けなくても、面接を受けなくても、誰にでもできます。

 

そして、あなたがこれまで生きてきた人生の中の経験を少し公開して、本業の仕事についても少し公開することで副業SNSは成り立つのです。(その情報が誰かの役に立つから報酬が得られるのです)

 

また、SNSで情報を発信するという行為、アウトプット作業は自分の頭の中を整理して、仕事に関することも整理整頓してくれます。

 

SNSでアウトプットすることで、本業の本質や問題点を客観的に把握することができたりもします。そうです、副業SNSは本業と相乗効果があるのです。さらに本業の宣伝、広告にもなりますので一石二鳥以上の効果が見込めます。

 

 ※副業の収入はリスクヘッジでもあります。起業するなら副業を育てておくことも大切です。

 

副業SNSは最新の注意とバランス感覚が大事!

SNSはYouTubeやLINE、Twitter、Instagram、Facebookなど様々なものがありますが、基本は情報を発信して、他人とコミュニケーションをとるためのツールです。

 

あなたがこれまでの人生で経験したこと、知りえた知識などをSNSで発信することで、他の誰かの役に立ちます。例えば、昔はお寿司の握り方を誰かに教えてもらったり、本を読んで試行錯誤して学んでいましたが、現在はYouTubeでお寿司の握り方を検索して動画を見ながら簡単にマスターすることができます。

 

もちろん、お寿司の握り方だけではないです。あらゆる仕事のやり方やDIYのやり方、楽器の弾き方などたくさんの情報がSNSで発信されているのです。ひとり社長自身もリフォームや工事関係でYouTubeの動画を見て、現場で試行錯誤するケースがたくさんあります。

 

誰かの役に立つ情報を発信できれば、その誰かはSNSを見てくれますので、SNSに付随した広告が再生され、広告料収入が入ってくるのです。

 

副業SNSで気を付けることは、個人情報や法的にダメな情報、会社や仕事の機密に関する情報などには最新の注意を払い、出していい情報と出してはいけない情報を常に精査する必要があります。

 

これができないと炎上するどころか、裁判で訴えられることになりかねません。副業SNSは最新の注意を払いつつ、情報の量と質、出していいもの、出してはいけないもののバランスをとることが大事になってくるのです。

 起業とも相性の良い副業SNS

ひとり社長の奮闘記はひとり社長の起業の記録です。起業して辛いことも、救われたことも、様々なことを経験してきました。サラリーマンを辞めて、はじめての経験なんてたくさんありました。

 

長年、不動産会社で勤務していたとは言え、現場でリフォームやエアコン交換工事、鍵交換などはしたことがなく、また、民泊やウィークリーマンションの運営もしたことがありませんでした。

 

その起業してから経験したことを中心にブログにまとめたのがひとり社長の奮闘記になります。まぁ、商業用(儲けるぞ!)というブログではないので収益はあまりないですが、それでも年間でサラリーマンが1ヶ月でもらう給料以上の収益があります。

 

また、ブログを運営していても本業に対するデメリットはひとつもありません。メリットは収益の確保や頭や心の中の整理、行動した記録が残るなどたくさんあります。

 

だから起業したらぜひブログを書いて、経験したこと、学んだこと、他人の役に立つことを書いてほしいなと思います。ひとり社長自身も他人のリアルな起業ストーリーをブログとして読みたいなといつも思っています。(あまりガツガツしたアフィリエイトサイトじゃなくてね…)

f:id:rajincom:20190903173301j:plain

まとめ

NHKをぶっ壊すの立花孝志さんが収支を公開していますが、参議院選挙で当選して、マツコデラックスに絡んだりして、再生回数が何百万回にもなっているため、YouTubeの収入が1日40万~50万になっていました。

 

1日50万なら1ヶ月で1500万、1年間で1億8千万の売上です。もちろん、莫大な金額の所得税が引かれますが、元手は無料です。

 

ビデオカメラで自分の行動や意見を録画しているだけですから、元手は無料です。しかしも、その1億8千万は副業SNS(YouTube)の収入になりますので、その他に本業の国会議員としての収入もあるのです。

 

立花孝志さんはそのお金をNHKをぶっ壊すために使用していますが、普通ならもう十分な収入ですよね。国会議員YouTube恐るべし…

 

ひとり社長もこれからはブログ以外のSNSを活用して行きたいと思っています。TwitterやInstagram、Facebook、YouTubeなど、少しづつ勉強して上手に活用できるようになったらブログで記事にしますね。

 

なに?起業当初は新聞配達と本業だろ!ってお前はいつの時代の考え方なんだーーー!!

 

以上、これからは本業+副業SNSで稼ぐ時代になる!でした。