ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

愛と欲望の果て〜小室圭さんは本当に愛しているなら自ら別れるべき!

f:id:rajincom:20190828091124j:plain

結婚を考えたときに、愛しているから結婚する、それ以外のメリットがあるから結婚する、この2つのパターンがあります。ワイドショーを連日賑わせている小室圭さんの場合はどうでしょうか?

愛している以外のメリットで結婚するのもOK?

愛しているから結婚しよう!いいね~!現代社会はこうじゃなければいけませんね!!という考えが男性には多いと思いますが、女性の場合は愛だけではなく、やはり生活力というか、はっきり言えば「お金」が結婚相手に求めるものになります。

 

結婚して子育てする以上はお金がないと満足な暮らしができませんので、ロマンチストの男性より現実的な女性は愛よりお金を選ぶという選択肢多い傾向にあります。

 

イケメンだけど貧乏な男性より、容姿は普通以下であってもお金持ちの男性が選ばれることが多いです。これは女性の年齢が上がるほど、その傾向が強くなります。

 

女性も若いころはロマンチストで、イケメンで夢を追う男性が好きであっても、年をとり現実的に結婚を意識するとお金があり、生活力がある男性を無意識で選ぶようになるのです。愛だけじゃ結婚できないのです。

ひとりの男の出現で天皇家が崩壊した?

テレビや週刊誌などでは、もう長い期間、秋篠宮家の長女眞子様と婚約者の小室圭さんの問題が取り上げられ続けています。

 

いつまでやってんだろう?くだらないなと思うのですが、問題は天皇家の問題になりますので日本国民にとっては大変重要なことです。そのため、関心や視聴率が高く、いまだに頻繁にこの問題が取り上げられています。

 

ひとり社長がこの問題で大変驚いたのは、婚約者の小室圭さんというたったひとりの男が出現したことにより、天皇家がここまで批判され、天皇家の品格が崩壊したことに驚きました。

 

歴史上、たったひとりの男に天皇家がこれほど揺さぶられ、崩壊の危機に瀕したことはなかったはずです。

 

たったひとりの男…小室圭さん…すごいパワーだ…ワンピースの黒ひげと同等の能力を持っているかもしれない……( ;∀;)

matome.naver.jp

小室家の闇が深すぎて…

黒ひげと同等の能力を持つと言われる小室圭さんですが、問題は小室圭さん本人だけでなく、小室圭さんのお母さんやその家柄にもあるみたいです。

 

小室家、小室圭さんの問題については、インターネットで簡単に検索できますので、そこで確認して頂ければよいのですが、国民がここまで拒絶反応を示しているのは、小室家が天皇家の親戚になることに抵抗があるからだと思います。

 

小室家の諸問題(お父さんや祖父母の自殺、借金問題、小室圭さん、お母様のこれまでの生き様…など)があまりにも天皇家の親戚になるにはふさわしくなさすぎるのです。

 

天皇家は日本の象徴であり、日本国民の精神的支柱でもあります。その天皇家に小室家という家柄が入り込もうとしていることに拒絶反応を示しているのだと思います。

小室圭さんは本当に眞子様を愛しているのか?

小室圭さんの問題が長引くのは、小室家自体が問題解決に取り組むのではなく、世間を無視してほとぼりが冷めるのを待つ戦術にあります。

 

小室家の諸問題はマスコミによって広く知れ渡ったにもかかわらず、小室家はその内容を肯定も否定もせず、スルーしているのです。

 

もちろん、反論すれば、さらに深く掘り下げられて墓穴を掘ることが予想されるからだと思いますが、これだけ小室家の諸問題が表に出ているのに、いまだに眞子様へ執着して婚約を破棄しないことに疑問を感じます。

 

普通の人、普通の家柄であれば、これまで諸問題が公になり、日本国民がほとんど反対している状況であれば、婚約破棄を選択すると思います。現在、天皇家や秋篠宮家は批判にさらされ、大変な思いをされているのですから婚約破棄は当然の選択肢だと思います。

 

しかし、小室家は婚約を破棄するどころは結婚をあきらめていないというメッセージを発信し続けているのです。なぜでしょうか?

 

もし、本当に小室圭さんが眞子様を愛しているなら自ら分かれるべきだと思います。現在、眞子様や天皇家、秋篠宮家など様々な人を苦しめ続けている状況を鑑みたら、そうなるはずです。

 

欲しいのは愛よりもお金や名誉?

そうなると、眞子様に執着する理由はやはりお金と名誉なんだろうなと思ってしまいます。(あくまで個人の感想です)

 

眞子様と結婚できれば1億円以上のお金が手に入り、天皇家の親戚になれるのですから、ある意味、眞子様に執着する気持ちがわからないでもありません。

 

小室圭さん親子で一生懸命、眞子様を手放さないように日々努力している姿が目に浮かびます。すぐ近くに1億円以上のお金と名誉があるのですから、眞子様や天皇家、秋篠宮家などが苦しみ続けている状況など平然と見て見ぬふりができるのでしょう。

 

また、問題なのは小室家の問題が長引いている要因のひとつに小室家の支援者がいるからです。もちろん、世間から叩かれている小室家がかわいそうだから支援するなどの気持ちもわかりますが、小室家を支援することによって天皇家や秋篠宮家を間接的に揺さぶっている可能性もあります。

 

また、もし、うまく小室家が天皇家にとりつくことができたら、莫大なお金とその立場を間接的に利用できると考えているのかもしれません。まぁ、借金問題がありながら、お金のかかる生活をしている小室家ですから支援者の力が大きいのは想像できます。

まとめ

恋愛と結婚はあきらかに違います。恋愛は個人の自由ですが、結婚は家と家のつながりという側面もあります。

 

そのため、若いころに恋愛を楽しんでも、年頃になれば結婚を意識したお付き合いをした方がいいですね。

 

他人の恋愛や結婚にあまり興味はありませんが、天皇家の問題となるとそうは言ってられません。

 

日本国民が天皇家という高貴な家柄を大切にしていて、天皇家は象徴として祭られ、費用は国民の税金で賄われている以上、天皇家の品格をこれ以上貶めるのはやめて頂きたいと思います。

 

この問題の結末はわかりませんが、少しでも円満に解決できるように願っています。

 

以上、愛と欲望の果て~小室圭さんは本当に愛しているなら自ら分かれるべき!~でした。