ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

クレジットカードと電子マネーPayの違い!なぜ、大規模キャンペーンを行うのか?

f:id:rajincom:20190507192546j:plain

最近よく見かける電子マネーPayですが、なぜ、こんなに流行っているのか、なぜ大規模なキャンペーンを展開して先行投資をしているのか不思議ですね。事業経営者としては理解しておく必要がありますのでまとめておきます。

そもそもクレジットカードと電子マネーの違いは何?

現金払いとクレジット払いの違い

お支払いに関しては、これまで現金払いか、クレジットカード払いが一般的でした。一般的には日常的には現金でお支払いをして、高額なものはクレジットカードでお支払いをしている人が多いのではないでしょうか?

 

現金払いは、そのまま現金で支払うだけのことですが、クレジットカード払いの場合は現金ではなく信用供与・信用販売になります。

 

あなたを信用して現金ではなく、クレジットカードの後払いでいいですよ!というわけです。

f:id:rajincom:20190507194358j:plain

クレジット払いと電子マネー払いの違い

クレジットカード決済が信用供与・信用販売であるのに対して、電子マネー払いはあくまでも現金=電子マネーとして支払う形になります。

 

わかりにくいですが、電子マネーは事前に入金をしておく必要がありますので信用供与や信用販売ではないのです。現金が電子マネーという形になって支払われているのです。

※一部の電子マネーは後払い(クレジット機能)がついているものもあります。

f:id:rajincom:20190507194658j:plain

電子マネーの普及と電子マネーPayの誕生

電子マネーが普及した理由

電子マネーが普及したのは交通系のSuicaやPASMOの利用が一般的になったのと、流通系の楽天EdyやWAON(イオン)、nanaco(セブン)などの利用者が増えたからです。

 

現金ではなく、現金の代わりにで電子マネーで電車に乗り、スーパーやコンビニで買い物をする人が増えて電子マネーによる決済が普及していきました。現金でわざわざ切符を買ったり、現金で買い物をしてお釣りの小銭を財布にため込んだりしなくてよくなったのです。

 

そして、さらにスマートフォンが普及したことによって、スマートフォンのNFC機能を利用した電子マネー決済(おサイフケータイ)が広く使われるようになったのです。

 

もともと、カードを発行していた交通系の電子マネーや流通系の電子マネーもスマートフォンで利用できるようにおサイフケータイの中に取り込まれていきました。

 

これでさらに便利になったのです。おサイフケータイが使えるスマートフォンを持っていれば、電話ができで、メールができて、ホームページが見れて、電車やバスに乗れて、スーパーやコンビニで買い物ができるようになったのです。

電子マネーPayの誕生

電子マネーが普及した理由を見る限り、電子マネーPayなんていらないじゃん!と思われる方が多いと思います。実はひとり社長もそう思っていました。

 

しかし、電子マネーPayが誕生する理由のひとつは「すべてのスマートフォンで電子マネー決済をできるようにする」ことにあるのです。

 

スマートフォンを利用して電子マネー決済(おサイフケータイ)を利用するにはNFC機能がスマートフォンに搭載されていなければいけませんが、NFC機能はすべてのスマートフォンに搭載されているわけではありません。どちらかといえばハイエンドな一部のスマートフォンにだけ搭載されているのです。

 

そのため、すべてのスマートフォンで電子マネーを使えるようになる電子マネーPayが誕生したのです。電子マネーPayであれば、NFC機能がないスマートフォンでも電子マネーで決済ができるのです。

 

この決済の仕方が「QRコード決済」です。QRコード決済が電子マネーPayのもっとも一般的な決済の使い方になります。

 

NFC機能(近距離無線通信規格)が使えなくても、電子マネーPayでスマートフォンの画面にQRコードを表示して、そのコードを読み取ることで電子マネー決済ができるようになったのです。

 

これですべてのスマートフォンで電子マネーによる決済ができるようになりました。さぁ、財布は捨てましょう…(将来的にもっと電子マネーが使えるお店が増えたらの話です)

f:id:rajincom:20190507195153p:plain

電子マネーPayはなぜ大規模なキャンペーンを行うのか?

すべてのスマートフォンで電子マネー決済ができるようになったのは良いことですが、なぜ、電子マネーPayの利用者を増やすために大規模なキャンペーンを行っているのか謎ですね。

 

買い物をした金額の20%を還元するとか、太っ腹な大規模キャンペーンをいろんな会社が行っています。これだけの大規模なキャンペーンは先行投資費用も莫大な金額になるはずです。それでもやるわけですから先行投資費用を回収できる見込みがあるはずです。

f:id:rajincom:20190507195243j:plain

電子マネーは現金回収のリスクがない

これまで説明してきた通り、電子マネーはクレジット(信用取引)ではなくて、現金と同じものです。クレジットカード決済の場合はお金が後払いになりますので、お金を回収できないリスクがあります。

 

しかし、電子マネーは現金と同じ(現金を事前にチャージ(入金)する)ですから、お金を回収できないリスクはないのです。

 

現金を回収できないリスクがないのは大きなメリットです。なぜなら現金を回収するためのコストが必要ないからです。クレジットカード会社は信用取引で先払いしたお金を回収するために莫大なコストがかかります。また、莫大なコストをかけてもすべてが回収できるわけではありません。

 

しかし、電子マネーはそのコストやリスクがいらないのです。だから、参入が容易になります。

クレジットカード・電子マネー決済の裏側

さて、ここからはクレジットカードや電子マネーを利用して買い物やサービスを受ける側ではなくて、クレジットカードや電子マネーを導入する企業(会社)側の話です。

 

唐突に感じるかもしれませんが、電子マネーPay各社が大規模なキャンペーンを行う理由は電子マネーを導入する企業(会社)が大きく関わってきます。

 

クレジットカードにしろ、電子マネーにしろ導入する企業(会社)は無料では利用できません。導入費用や決済の都度支払う手数料が必要になります。

 

クレジットカードの決済手数料は一般的には3%~4%程度です。この3%~4%って、実はものすごい金額なのです。

 

【決済手数料】

・1万円  ⇒  300円~400円

・10万円   ⇒    3,000円~4,000円

・100万円 ⇒ 30,000円~40,000円

・1億円  ⇒ 300万円~400万円

・100億円 ⇒ 3億円~4億円

・1000億円 ⇒ 30億円~40億円

・1兆円  ⇒ 300億円~400億円

 

決済手数料を計算する元になる数字は「売上」です。粗利ではありません。あくまでも売上に対して3%~4%の決済手数料を得ることができるのです。

 

例えば、コンビニチェーン大手3社の売上合計が約10兆円です。これがすべてクレジットカード決済されると決済手数料は…3,000億円~4,000億円です。

 

コンビニ大手3社の売上だけでも、これだけの決済手数料が得られる可能性があるのです。もちろん、クレジット決済は信用取引ですから料金の回収コストや回収できないリスクがあります。

 

しかし、そのコストやリスクを差し引いても莫大な収益を得ることが可能なのです。特に日本は現金大国です。まだまだ現金以外のキャッシュレス決済が普及していくことが予想されています。

 

そして、電子マネーに関して言えば、その回収コストや回収できないリスクがないのです。電子マネーPayの決済手数料は各社3%前後と言われていますので、たとえクレジットカード決済の手数料よりも低くても、これから普及していくキャッシュレス決済市場を考えれば莫大な利益を得られることは間違いありません。だから大規模なキャンペーンを行っているのです。

f:id:rajincom:20190507210645j:plain

現金以外は決済手数料が掛かるのに導入する理由

キャッシュレス決済は集客力と契約率向上に効果あり!

商売を行っている会社やお店からすれば、正直に言ってしまうと現金で支払ってくれた方が良いのです。キャッシュレス決済で売上の3%~4%も決済手数料として差し引かれてしますと利益が大幅に減ってしまうからです。(重要なことは利益の3%~4%ではなく、売上の3%~4%を決済手数料として差し引かれてしまうことです)

 

しかし、それでもクレジット決済や電子マネーを導入するのは、集客効果や契約率向上に効果があるからです。ライバルの他社、他店がクレジットカード決済や電子マネーで決済できるのに、自社や自店ができない場合はお客様がライバルの方へ行ってしまう可能性があります。

 

また、クレジットカードにしろ、電子マネーにしろ、利用者には「ポイント」などおまけがつきますので、利用者としてはキャッシュレス決済を使える会社やお店に行くのは当然のことなのです。

 

クレジットカードや電子マネーは便利な上に、ポイントまでついてお得に利用できます。そのため、集客力や契約率の向上が見込めるのです。

 

利用者としては同じものや同じサービスならポイントがつくところで買い物をしようと思います。そのため、購買力の高いお客様を集客できることが、クレジットカードや電子マネーを導入する理由なのです。

 クレジットカードよりも電子マネーの方が集客力が強い理由

クレジットカード決済と電子マネー決済は決済手数料に大差はありません。しかし、クレジットカード決済はお金の回収コストや未回収リスクがあり、電子マネーにはそのコストやリスクがありません。

 

そのため、電子マネーはクレジットカード決済よりのたくさんおまけ(ポイントなど)をつけることができるのです。大規模なキャンペーンを行ったり、通常のポイントであってもクレジットカード決済よりのたくさんのポイントを付けることができるのです。

 

クレジットカードにしろ、電子マネーにしろ、その費用は導入している会社やお店の決済手数料から出ていますが、電子マネーを使った方がお得であれば、みんな電子マネーを使います。

 

また、いまは誰でもスマートフォンを持っていますので、そのスマートフォンで誰でも使えるQRコード決済(電子マネーPay)を使ってたくさんのポイントがついてお得ならば、もうなにも言うことはありません。

 

高額なお買い物はクレジットカード(信用取引)で、日常的なお買い物は電子マネーPayで決まりです!!!!

f:id:rajincom:20190507210839j:plain

決済額を増やすためには利用者と取扱店を増やすしかない!

電子マネー各社が売上を上げるには決済手数料を増やすしかありません。そして、決済手数料を増やすには利用者を増やすか、取扱店を増やすしかないのです。

 

利用者を増やすには、取扱店を増やす必要があり、取扱店を増やすには利用者を増やす必要があります。

 

取扱店が少なければ、電子マネーを利用できるところが少なくて、利用者は増えません。また、利用者が多くないと、集客のメリットが感じられなくて取扱店が増えません。

 

そこで、大規模なキャンペーンです。利用者と取扱店が一挙に獲得できます。大規模キャンペーンを見て、お得に釣られて利用者が増えます。また、利用者が増えれば集客効果を期待して導入する会社やお店が増えるのです。

 

そして、最終的には決済手数料が大幅に増えて電子マネー会社も儲かるのです。いやーよいことばっかりですね…よかったよかった・・・みんな幸せになれるといいですね(^^)/

まとめ

クレジットカードは信用取引であり、電子マネーは現金を電子化した取引です。この電子マネーをすべてのスマートフォンで利用できるようにしたのが電子マネーPayです。スマートフォンの画面にQRコードを表示させて、そのQRコードを読み取ることで決済ができるようになりました。

 

しかも、お得なポイントまでつくのですから利用する側としては大変便利です。ひとり社長もPayPayとLINEPayを利用させて頂いております。しかし、その便利でお得な仕組みは無料ではありません。電子マネーPayを導入している企業やお店がその費用を負担しているのです。

 

そして、企業やお店が負担している費用は商品やサービスの料金に含まれていますので、結局は利用者が支払っているのです。東京都内で大手飲食チェーン店が「現金お断りの飲食店(キャッシュレスオンリー)」を出店していますが、メニューは他の店舗と同じでも料金は割高になっています。

 

これは便利だから割高なのではなく、あくまでもカード決済手数料分を最初から料金に上乗せしているのです。カード会社の規約では、カード決済手数料を料金に上乗せすることを禁止していますので、新店舗であれば初めから決済手数料を盛り込んだ料金設定にすれば規約に抵触しないということでしょう。

 

まぁ、細かいことは気にしないでお得だと思って使っていた方がいいですね。

 

以上、クレジットカードと電子マネーPayの違い!なぜ、大規模キャンペーンを行うのか?でした。