起業したばかりでも収益源は複数用意しておく!ストックビジネスとリスクヘッジについて!

【最終更新日2018/3/6】 ひとり社長は現在大きくわけると5つの収益源を持っています。賃貸仲介業・賃貸管理業・リフォーム業・更新業務・簡易宿泊事業(airbnbなど)です。本当はひとつの事業に全力を尽くした方が効率が良いのですが、収益源の多様化は会社が生き残るうえで大切なリスクヘッジだと考えています。