どこでも仕事ができる仕組みにしておく

ひとり社長はどこでも仕事ができないといけません。そうしないと会社や自宅に常にいることになります。そのため、いつでもどこでも仕事ができる仕組みを構築することが大切です。 クラウドサービスを利用する ドロップボックス エバーノート ジャパンネット銀行 クラウド会計Freee ホームページ運用Jimdo スケジュール管理…