読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

日常生活を楽にする自動調理器ティファールクックフォーミー(Cook4me)

f:id:rajincom:20170325200434j:plain

ひとり社長は日常生活の自動化を進めています。できるだけ家事の負担を減らしたいのです。選択肢としては自動でやってくる道具を使ったり、自動でなくてもお手軽に作業ができる道具を使う方法があります。また、道具でなくて家事をアウトソーシングする方法(家政婦さんなど)が他人が家の中にいるとリラックスできないのでひとり社長は道具を利用した自動化を進めています。今回はこれまで盲点だった自動調理器を導入してみました。ドラえもんのCMで調理の未来が来たと宣伝しているティファールのクックフォーミー(Cook4me)です。

日常生活を楽にする

日常生活を楽にするといっても掃除の手を抜いてゴミ屋敷にしたりすることではありません。少しでも日常生活が楽になる道具を使うのです。

 

日常生活に楽しさや意味を見出す人には無用なことかもしれませんが、ひとり社長にとっては仕事に全力を尽くしたり、子供と遊ぶ時間をたくさん確保するために日常生活を楽にする必要があるのです。

 

何もない平凡な日常であってもお部屋は汚れていきます。人はご飯を食べて、お風呂に入り、トイレを使い、歩きます。家の中もどんどん汚れます。

 

汚れを防ぐことはできない以上、効率よく汚れを除去していくことが日常生活を楽にすることだと思います。

 

日常生活が楽になりストレスを無くすことは健全な生活をしていく上でとても大切だと思っています。また楽にするために効率化できれば、時間に余裕ができるため、その時間を仕事や趣味にあてることができるという二次効果があります。

日常生活を楽にする道具

ひとり社長の場合はまず、掃除を自動化することからはじめました。家中を掃除機かけるのも結構、時間がかかり、労力も必要です。

 床を全自動で掃除する

そのため、まずは自動掃除機のルンバを導入することからはじめました。ルンバは時間を設定しておけば、その時間に自動的に掃除をはじめてくれて、自動で終了しますのでとても楽です。

 

そして、手で掃除機をかけるよりの丁寧に掃除してくれますのでフローリングの床などはとてもきれいになります。

 

たまにルンバのお手入れをするだけで毎日床がきれいなのです。また、ルンバが変なものを吸い込まないように常に床を片付ける習慣が付きますのでお部屋全体がきれいになります。

 

ときには2階の子ども部屋や寝室、仕事部屋もルンバに掃除してもらいます。ルンバはベッドの下も奥の奥まで掃除してくれますのでとても重宝しています。

床の水拭きはブラーバ

ルンバがあれば毎日床がきれいな状態ですが、子どもたちが汚した床にこびりついた汚れなどは水拭きじゃないと落ちなかったりします。

 

そのため、ひとり社長は毎日のルンバとたまにブラーバの水拭きをしています。子どもたちは床に寝そべって遊んだり、じゃれたりしますので床はとにかくいつもきれいじゃないといけません。

 

しかし、掃除に時間や労力を費やすことはできませんので、自動掃除機のルンバと自動水拭機のブラーバに掃除をして頂いています。自動掃除であれば、自分の掃除時間や労力はほとんど必要としません。

ご飯の後は食器洗い洗浄機で皿洗い

ご飯を作ったり、食べるのは好きですが、食後の洗い物が嫌だと言う人は多いと思います。でも、日常生活ではコップを使ったり、お皿を使ったり、スプーンやホーク、お箸を使うことはたくさんあります。

 

そして、食器を洗う時間と労力は意外に大きいのです。そのため、食器荒いは食器荒い洗浄機を使っています。

 

ひとり社長の家では食器は食べた人が自分で流し台まで運ぶルールになっています。一番下の4歳の次女も運んでいますよ。

 

そして、流し台に溜まった食器類にひとり社長が暑いお湯のシャワーで軽く洗い流して、それから食器洗い洗浄機に入れたらそれで食器洗いは終わりです。

 

食器洗い洗浄機はお湯と洗剤で食器をきれいに洗いあげてくれます。そして、温風による食器乾燥までしてくれます。とてもきれいになり、手間もかかりません。そして、手洗いよりも電気、水道の使用量が少ないというメリットがあります。

 

食器洗いは手もあれますので食器洗い洗浄機はとてもおすすめです。ご飯のあとテレビを見ながら食器を洗うの面倒くさいなと思うことがなくなります。ただ、食器を食洗機に入れてボタンを押すだけですから(*^^*)

ドラム式洗濯機で洗濯干しは不要

 洗濯物は大変ですよね。毎日やる必要があって腰が痛くなります。しかし、洗濯で大変なところは洗濯物を干すところと畳むところです。

 

洗濯物を洗うのはいまはどの家も洗濯機がやっていますので、洗濯物を洗濯機に入れてスタートボタンを押すだけでいいのです。

 

そのため、ひとり社長は洗濯物を効率よく乾燥させるためにドラム式の洗濯機を使用しています。ドラム式と縦型洗濯機にはメリットとデメリットがありますが、とにかく乾燥を優先させたのです。

 

洗濯物の乾燥はできるだけ短時間で低コストでやることを考えるとドラム式洗濯機にたどり着きました。ドラム式は購入する費用は高いですが、水道代や電気代は縦型よりも安くできます。

 

それでも購入代の方が圧倒的に高いので金額で言えば、縦型洗濯機の方が圧倒的に有利ですが、洗濯から乾燥までオールインワンでやってくれることを考えれば、やはりドラム式の方がいいのです。

 

洗濯物を干すのはなんだかんだ面倒です。また、天気によっては洗濯を中止しなければいけません。そして、洗濯物を取り込むのも一苦労ですよね。

 

ドラム式であれば、洗濯物を洗濯機に入れれば、あとはふかふかの洗濯物を取り出して畳むだけで良いのです。

 

最近話題の全自動折りたたみ機はとても良いのですが、1枚畳むのに約10分かかるため、まだまだ実用段階じゃないと考えています。

 

全自動折りたたみ機なら100万円以上でも良いと思っています。毎日使うものであり、また、畳む時間や労力がなくなる魔法のような製品ですから車くらいの金額でもいいと思います。無駄な買い物ではないはずです。

 料理も自動化する時代ティファールクックフォーミー

さぁ、やっと本題ですね。最近テレビでCMを流しているティファールのクックフォーミー(Cook4me)を妻のために買ってみました。

f:id:rajincom:20170325200450j:plain

全自動調理ッテ・・・ひとり社長は普段あまり料理をしないのであまり料理に関しては自動化など考えたことがなかったのです・・・。

 

料理は手料理が一番美味しいと・・・考えていたのです。しかし、ちょうど圧力鍋の調子が悪くなったため、ティファールのクックフォーミーを購入してみたのです。

 

クックフォーミーは電気圧力鍋であり、時短調理ができる調理器具です。材料を揃えて切る手間は必要ですが、あとはクックフォーミーに材料や調味料を入れてボタンを押すだけで調理ができるのです。

 


未来型クッキングサポーター「Cook4me(クックフォーミー)」/T-fal

本来であれば火加減や火にかける時間を気にしなくてはいけませんが、火に関する心配や手間は一切なくなります。

 

そして、さらに圧力を使うことで時短調理ができるのです。完全な全自動とは言えませんが購入してみて大変良かったと思えるものでした。

 

そして、そして、料理が美味しい!!これも大事なところですよね。圧力がしっかりかかって、適切な火加減、適切な時間で調理された料理は美味しいのです。

 

詳細なレビューは必要ないくらい使い方は簡単です。全体的にはご飯を炊く炊飯器と同じです。クックフォーミーはご飯を炊くこともできますので構造としては炊飯器と同じなのが理解できると思います。

 

炊飯器と電気圧力鍋を組み合わせたものと思えば、よりクックフォーミーがどういうものかわかると思います。

 

自動調理器ティファールクックフォーミー(Cook4me)を最安値で買うならこちら

まとめ

日常生活を機械の力で快適にできる良い時代です。楽できる上にその浮いた時間と労力を他のことにつぎ込めるのです。

 

多少お金はかかりますが、お金以上の価値があるのが日常生活の自動化だと思います。ひとり社長おどんどん日常生活を自動化することで仕事をする時間が増え、子どもたちと遊ぶ時間が増えました。

 

そして、家事が楽になったことで日常生活の余計なストレスが少なくなりました。将来的にはまだまだ日常生活で楽になる自動機械が出てきそうで楽しみです。