}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

起業は運命!日々感謝して楽しく仕事をしよう!

起業

f:id:rajincom:20170203213455j:plain

ひとり社長が起業したときには賃貸管理業でストック収入を得て、賃貸仲介業でフロー収入を得るビジネスモデルでした。しかし、その後、紆余曲折があり賃貸管理業から派生してリフォーム事業やエアコン工事、ウィークリー賃貸の運営など様々なことをやることになりました。

 

onepresident.hatenablog.com

 

今日のひとり社長は品川のタワーマンションでリフォーム工事の打ち合わせとお手伝いにいってきました。

f:id:rajincom:20170203212558j:plain

品川駅は東海道新幹線が開通してからものすごい勢いで再開発が進んでいます。たくさんの会社が本社を構え、社宅を置いているのが品川駅です。

 

名古屋や大阪、京都などから出張などで東京に来るときに新幹線なら短時間で体に負担が掛からないでこれますのでサラリーマンに大人気の街になりました。

 

ひとり社長は最近は湾岸エリアのタワーマンションによく言っています。知り合いが住んでいて遊びに行ったり、月島のタワーマンションにご案内にいったり、今日みたいに品川のタワーマンションにリフォームに行ったりです。

f:id:rajincom:20170203212551j:plain

忙しいけど、とても充実した日々を過ごせていますので起業したことに感謝をしています。

 

起業する前のサラリーマン時代は自分の行動範囲なんて大した広さもなく、やるべき仕事も毎日、毎月、毎年、同じような繰り返しばかりでした。しかし、現在は無限に広がる広いエリアで自由に仕事ができます。これは起業した醍醐味ですね。

 

しかも、仕事はサラリーマン時代になんども繰り返した仲介業務ではなく、リフォーム事業です。まさか、起業して湾岸のベイエリアでリフォーム工事をやるとは思っていませんでした。

f:id:rajincom:20170203212552j:plain

起業する前は、起業に対していろいろ考えますが、起業してしまえば起業したのは運命だったと思って楽しく毎日仕事をするしかないのです。

 

つらく、苦しいことがあっても自分で選んだ道であれば楽しく歩いていけるはずです。誰かに指示されたり、やらされたりしたわけではありませんよね?

 

しかも、ひとり社長はサラリーマン時代に品川駅で働いていたこともありますので、なおさら感慨深いものがありました。

 

一緒に働いたいた仲間はいまも会社員としてスーツを着て、ネクタイを締めて働いています。それに比べてひとり社長は黒いスラックスにグレーのジャケットという、まるでIT企業の社員のような恰好で現場を取り仕切っているのです。

 

そして、サラリーマンが働いている夕方の5時くらいから、すでに品川で美味しいものを食べなら、ビールで乾杯できるのです。

 

大切なことをもう一度言います。起業はつらくて、苦しくて、大変だけど、自分でえらんだ道です。運命です。だから起業したことを日々感謝して楽しく仕事をしましょう!