ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

起業は「人・物・金」の時代から「人・IT」の時代へ

f:id:rajincom:20160617135130j:plain

【最終更新日2018/2/1】

起業して4年目のひとり社長ですが、最近、オンライン講座(Udemy )でIT(情報技術)関連の講座を受講しております。ひとり社長からひとり生徒になった気分です…。なぜ、生徒になるのか?それはITの勉強をしないといけないからです。昔は起業に必要なものは「人・物・金」と言われていましたが、現在では「人・IT」に代わってきています。

「人・物・金」の時代は終わった?

終わってはいないです…断言!!!

 

人に関しては、どの時代になっても一番重要なものです。ここで言う人とは自分のことであり、一緒に起業するパートナーのことでもあり、社員や業務委託、アルバイト、パートさんのことです。

 

自分自身がダメダメでは絶対に起業は成功しませんので、人が一番大事なのはどの時代になっても一番重要なのです。

 

物に関しては現在はあまり重要ではなくなりました。とくに箱物はあまり重要ではありません。事務所だとか、店舗だとかのことです。

 

事務所は自宅でも、車庫(ガレージ)でも、シェアオフィスでもよい時代です。また、店舗もインターネット上に店舗があれば、それだけで十分な業種がいくらでもあります。

 

さらに、お金に関しては、もちろん大きなお金(資本)があれば、それに越したことはありませんが、別にお金があまりなくても起業をスタートさせて成功することができる時代なのは間違いありません。

 

インターネットの普及によって起業におけるお金の価値は下がったのです。起業して一定の成果を残して、会社が成長期に入ったら大きなお金が必要になりますが、その時には金融機関から融資やいろいろな組織から出資が受けれるでしょうから心配いりません。

 

だから、現代の起業においては「物・金」はあまり重要ではないのです。それよりも大切なのはITです。

現代の起業には「人・IT」が重要

起業するときに、良いアイデアや実行力があってもIT(情報技術)を使いこなす力がないと事業を軌道に乗せるのは困難です。

 

ITとは、もともとはインターネットなどの通信やコンピュータを使用する情報技術のことを言いましたが、現代ではインターネット上で提供されているサービスを効率よく使うことも含まれます。

 

例えば、フェイスブックやインスタグラムなどのSNSを使いこなすことや、グーグルのサービスを使いこなすこともIT(情報技術)になります。

 

起業するときに、このIT(情報技術)を徹底的に使いこなすことで、仕事を効率化させて、収益を効率よく上げることができます。

 

また、自社や自社の製品、サービスを低コストで広告宣伝することもできます。ただの広告だけでなく、アフィリエイト広告にしてみたりいろんな工夫ができるのです。

 

このIT(情報技術)を使いこなすのと、自分であったり、社員であったりする「人」が現代の起業にはもっとも必要なものなのです。

人もITも学び続けなければいけない

人として成長することは、起業して事業を成長させていくことと重なります。ひとり社長が一生懸命毎日学んで成長すれば、ひとり社長が行っている事業も一緒に成長していきます。

 

また、IT(情報技術)も日進月歩で進んでいきますので、日々、最新の情報やサービスを確認して、その最新のものを使いこなす努力が必要となります。

 

大変な時代ですよね。学生時代に習ったことだけでは世知辛い世間を生き抜くことができないのです。

 

ひとり社長も最近はオンラインで資格の勉強をしたり、IT系の勉強を毎日しています。

 

ひとり社長が現在オンラインで学んでいるのは世界最大級のオンライン学習サイトUdemy です。

 

その中で、ひとり社長は「未経験からプロのWebデザイナーになる400レッスン」を受講しています。

 

Photoshopを使っていろいろな写真素材を加工したり、HTMLやCSSでホームページのデザインを学んだりできる講座です。

 

これを学んで自社のWEB事業を加速させて行く予定です。また、Photoshopを使ったデザインはホームページだけでなく、社名入りの封筒やチラシ、ポスターにも応用できますので学んでおいても無駄にはなりません。

 

カメラの講座からエクセルの使い方など幅広い講座がそろっていて、オンラインで動画を見ながら学べます。

 

まぁ、宣伝ではありませんが、オンライン学習はこれからの時代は学びの中心になるでしょうね。

 

ひとり社長はエクセルのマクロを学ぶときに、たくさん本を読んでもあまり理解できなかったのですが、オンライン講座で動画を見ながら学習したらすぐにマスターした経験があります。

 

Udemyをよく見ると、なんと、、、ベネッセが運営にかかわっていますね。うちの子供たちもベネッセのチャレンジでお世話になっていますので親子そろってお世話になるという…

 

人気がある講座は下記の講座みたいです。「人気がある=役立つ」ということですから、ひとり社長も少しづついろんな講座を受講していきたいと思っています。

 

Photoshopの人気オンライン講座

 

Webデザイン入門オンライン講座

 

iOS11アプリ開発オンライン講座

 

特別価格の「誰にでもわかる基礎写真講座」で回り道をせずに確かな知識を!

 

人気Excelオンライン講座

  

ひとり社長が成長すれば、ひとり社長の会社も成長するんですから、自己投資なんて安いもんです。

 

これからもITを積極的に活用して会社の成長を加速させていきます。

 

※起業するのは簡単です!という記事です。起業する気になれます。詳しくはこちらの記事を参照ください。

 

まとめ

 人・物・金が起業の条件だった時代と、現在の人・ITが起業の条件となっている時代のどちらが良いのかわかりません。

 

ただ、優秀な人がいて、良い場所に良い店舗があり、充分な資本金がなければ起業の成功率が低かった時代に比べれば、現在は恵まれていると思います。

 

しかし、その恵まれている分、常に学習を続けて自分の能力を高めていかなければいけません。そして、自分の能力の中でもIT(情報技術)に関するスキルは常に最新のものを学習し続けなければいけないのです。

 

結果として、現代の起業は誰にでも平等にチャンスがあり、その中で努力をし続けた人だけが起業を成功させることができるのです。

 

起業して成功したければ、とにかく自己投資、ITを学べです。

 

以上、起業は「人・物・金」の時代から「人・IT」の時代へでした。