読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

起業したら生産性の高い仕事に集中する!生産性の低い仕事はアウトソーシングする!

f:id:rajincom:20170311163542j:plain

ひとり社長は現在、業務委託やアルバイトとしてウィークリー賃貸の清掃やメール対応を依頼しています。すると古い友人からその仕事も自分でやれば給与を支払わないでいいから収入も増えるんじゃない?と言われました。しかし!実際には収入は減るのです。

仕事の質を考える

起業したら仕事の質は考えなくてはいけません。たとえば、清掃業で起業して自分で清掃をしているだけであれば大手清掃会社に勤めて福利厚生があり、退職金がある方が収入も多くやりがいがあると思います。

 

もし、清掃業で起業するならば、清掃の仕事をとる営業に全力を尽くして、実際の作業はどんどん他人に任せなければ会社は成長していけません。

 

なぜか?清掃の仕事をとってくる仕事は生産性が高く、実際の清掃作業を行うのは生産性が低いからです。

 

自分で仕事をとってきて、自分で施工して…一見完璧に見えますが起業して会社を成長させていくためには無駄な作業です。

 

清掃の仕事は薄利多売ですから、たくさんの仕事をこなさないと大きな売上にはならないのです。それなのに自分で営業して、作業していたらたくさんの仕事をこなすことができなくて売上はいつまでたっても増えていきません。

 

逆に、清掃作業を他人に業務委託やアルバイトで任せてしまえば、自分は営業活動に専念できますので、どんどん清掃の件数を増やしていくことが可能です。そして、他人に任せた分のコストよりも大きな売上を手にすることができます。

 

また、他人にまかせたコストについては調整するのが比較的簡単なのです。現在では求人もインターネットで無料でできます。また、仕事の依頼も個人の方に直接依頼することができますので中間マージンが発生しないで済むのです。

 

だから、起業して成功を目指すなら常に仕事の質を考えなくてはいけません。生産性の低い仕事にしばられてしまうと起業が失敗する可能性が高くなるからです。

 

ひとり社長もいつも思います。この作業を自分でやれば…その売上は全部自分のものだけど…その仕事は生産性が低いからアルバイトにまかせて、自分は新規の管理獲得など新しい仕事の獲得をしなければいけないと思っています。

 

www.one-president.com

 

生産性を意識するなら収支計算は徹底する

落ち着いて考えれば将来のために今何をやるべきなのかすぐにわかると思います。しかし、起業して日々ぎりぎりのところで仕事をしていると1円でも収入を多くしたくてついつい生産性の低い仕事に手を出してしまいがちです。

 

そうならないための一番の方法は余裕を持つことです。この場合の余裕とは十分な貯金があることです。しかし、十分な貯金がない人でも大丈夫です。

 

十分な貯金がない代わりに、いつでも資金を借り入れられるように準備しておくのです。ビジネスローンでいう極度型ローンなどです。最初から一定額の借り入れ許可を得ておいて、その範囲内で借りて、返してを繰り返すのです。

 

必要なときに借りれるという安心感は起業してビジネスを展開していく上でとても大切なことです。

 

しかし、十分な貯金がなく、資金を借り入れるあてもない人には簡単で究極的な方法があります。

 

それは収支計算を明確にしておくことです。これができていれば貯金がなく、資金の借り入れができなくても、余裕をもって仕事をすることができます。

 

収支が黒字であれば、そのまま頑張っていけばいいし、赤字であっても赤字の原因がわかっていればそこを改善すればいいだけなのです。

 

ひとり社長の周りで起業に失敗した人はほとんどの人が収支管理がいい加減だったと思います。

 

黒字か赤字か、経費はどのくらい、何に使っているのか、この先の見通しはなど、収支計算がしっかりしていればいくらでも手を打てたはずです。

 

www.one-president.com

 

生産性の使い分け方

ひとり社長が現在運営しているウィークリー賃貸はメール対応も清掃業務も業務委託の方を直接雇用して他人に仕事を任せています。

 

自分でやれば、その分収入が増えるのは明確なことですが、その収入よりも大切な生産性の高い仕事に集中しなければいけませんので現在は業務委託の方にまかせています。

 

ひとり社長自身は新規の管理獲得やその周辺ビジネスの仕事受注に全力を尽くしているのです。

 

また、生産性の低い仕事はコストを抑えるためにひとり社長の方で作業の仕組化をしてからネット上で求人をしているのです。

 

仕組化された簡単な仕事ですから、主婦の方やフリーターの方に安い給料であっても喜ばれています。この仕組化の部分が難しいところですが、この部分については次のブログで書きたいと思います。

 

自分がやったことのない、未体験の仕事を仕組化するためにひとり社長がおこなっていることを書きます。まぁ、難しい話ではないです他社のやり方をまねたり、他人がやっていることをまねたり…などです。

 

生産性の高い仕事は自分でやり、生産性の低い仕事は仕組化してから安い給与で他人に任せるというのが現在のひとり社長の仕事のやり方です。

 

なお、安い給与というと批判を浴びそうですが、働く人が働きやすく安くてもよりメリットがある仕事であれば皆さん喜んで仕事をしてくれます。

 

ひとり社長の場合は主婦の方など働く時間が限られていて、短時間である程度の収入を得たいとか、スマホやパソコンだけで収入を得たいというニーズに応えているのです。