ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

くじら公園で子供とお花見を楽しんできました!

f:id:rajincom:20170403212647j:plain

今日は繁忙期明けのひさしぶりの休日でした。そのため、家族で近くの公園にお花見をしながらゆっくりした一日を過ごしました。

くじら公園(稲田公園)

神奈川県川崎市の多摩川沿いにあるくじら公園に行ってきました。稲田堤は昔は桜の名所で有名だったからですが…まだ早かったみたいですべての桜が満開に咲いている感じではありませんでした。

 

でも、日当たりの良い桜は元気よく咲いていました。そして驚いたのが平日の昼間なのにシートやテントを張った方がたくさんいました。

 

まぁ、子供が春休み中だからかもしれませんが、たくさんの子供とたくさんのママさんがお弁当を食べていて、こんな平和な日常があるんだな....と思いました。

f:id:rajincom:20170403212709j:plain

くじら公園 参考サイト

1000enpark.com

若干、上記サイトは情報が古いので補足しておきます。

・お魚ポストは現在ありません。

・駐車場はコインパーキングになり有料です。ただし、良心的な料金設定です。

 最初の2時間400円、それ以降は30分50円

くじら公園で楽しむ

くじら公園は広い公園ですが、野球やサッカーをやるわけでなければ3つのエリアが楽しめます。

 

1、遊具エリア

大型遊具がありますので3歳~10歳くらいまでの子供は楽しく遊ぶことができます。大型遊具には滑り台がたくさんついていて、ぶら下がるところもたくさんあります。

 

2、くじらエリア

稲田公園がくじら公園と呼ばれるのはくじらが置いてあるからです。そのくじらは中に入ることもできるし、上にのっかることもできます。また、くじらの横には滑って遊ぶ山があります。この山が子供たちには一番人気がある遊具です。また、それ以外にもブランコがあったりして楽しめるエリアです。

 

3、森林せせらぎエリア

気に囲まれた中を小川が流れるせせらぎエリアです。どちらかといえば大人がしみじみと楽しむエリアになりますが、この時期は桜が満開となり家族で楽しめます。

f:id:rajincom:20170403212618j:plain

まとめ

とくにまとめる内容ではありませんが、稲田公園、通常、くじら公園は一日楽しめる公園でした。また1日楽しめるとわかっている人が多くシートやテントを持ち出して1日楽しんでいる人が多い公園でした。

 

駐車場と遊ぶ場所が近く、またトイレもあるので本当に便利な公園です。遊ぶエリアも小さい子供でも3つはありますので飽きずに楽しむことができます。

 

繁忙期に疲れ切った体と心に癒される一日になりました(^^)/