ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

不動産業界は繁忙期です。繁忙期と閑散期の過ごし方

f:id:rajincom:20170214095514j:plain

ひとり社長は不動産業を中心に仕事をしていますので、現在は繁忙期(1月~3月)という一年で一番忙しく、売上が上がる時期です。繁忙期と閑散期の過ごし方について書いてみたいと思います。

不動産会社は1月〜3月に稼ぐ!

不動産会社は1月〜3月の繁忙期に年間売上の半分以上を稼ぐと言われています。とくに賃貸中心の仲介・管理会社はその傾向が強いのが特徴です。

 

当たり前のことですが、引っ越しシーズンは不動産会社にとってドル箱なのです。日本人は4月からの新生活に合わせてすべての生活のリズムができています。

 

新入学、新入社の時期が4月である以上、その周期が一生ついてまわるのです。学校を卒業して4月からの新生活に向けて1月〜3月にお部屋を借りると、なにごともなければ次に引っ越しを考えるのは賃貸契約が切れる2年後の更新時期です。

 

つまり、また1月〜3月に引っ越しをするか、更新をするか、家を購入するかなど考えることになるのです。

 

だから、不動産会社は1月〜3月がとにかく儲かるのです。いや、この時期に儲けることができないと会社の存続すら難しくなるのです。

 

繁忙期は賃貸借契約の更新期限が集中していますので、更新の手続きもたくさんあります。また、この退去するお部屋も多いため、解約対応もたくさんあります。

 

そして、退去したらリフォームをしなければいけませんので原状回復工事もたくさんあります。

 

さらに、空室に入居者を確保しなければいけませんので、入居者募集、ご案内、契約手続き、入居手続きがたくさんあります。

 

そして、たくさん入居すれば、なんだかんだ苦情や問い合わせがたくさん入りますので、それに対応しなければいけません。

 

あぁ、忙しいですね…でも、繁忙期にしっかり働いて売上という成果を上げなくてはいけません。

 

逆に不動産業界は4月以降の閑散期は暇になります。暇とはいっても次の繁忙期までの準備期間に入るといった感じでしょうか?

 

繁忙期に向けて行う準備については下記記事を参照ください。

 

onepresident.hatenablog.com

 

4月〜12月の閑散期の過ごし方

4月〜12月の閑散期は日々の売上を上げながら、繁忙期の準備をしているのです。繁忙期にたくさん仲介できるように物件を集めたり、たくさんのお客様がご来店されるように学校対策や法人対策、WEB集客の見直しなどをするのです。

 

・物件の仕入れ

・既存取引先とのコミュニケーション

・集客活動(ネット・大学・法人)の強化

・社内の営業研修

 

まぁ、繁忙期に頑張った分だけ、閑散期は長期の休暇をとったり、優雅に社員旅行にいく不動産会社も多いです。

 

ひとり社長は3月も2周目が過ぎるころには「今年も繁忙期が終わったな」といつも思っていました。

 

3月下旬は引越し屋さんが忙しい時期で、不動産会社は繁忙期の後始末で忙しい時期になります。

 

閑散期の過ごし方で大切なことは、何のために、この仕事をやっているのか明確にすることです。

 

・繁忙期に大きく売り上げを伸ばすために、閑散期に一生懸命、新規取引先を開拓して取り扱える物件を増やしている。

 

・繁忙期に営業の契約率を上げるために、閑散期に営業研修を繰り返して営業社員を強化している。

 

・繁忙期にたくさんの集客が見込めるようにネット掲載を見直したり、提携大学や提携法人を増やしている。

 

など、仕事の目的をはっきりさせて仕事に取り組むことが大切です。

 

 

 

ひとり社長の繁忙期

ひとり社長の繁忙期は不動産会社とほとんど代わりません。日々の売上を追うために、毎日、売買仲介、賃貸仲介のご依頼に答えています。

 

ほとんどが知り合いや紹介のお客様ですが、売買の物件を探してご案内したり、賃貸の物件を探してご案内したり、メールで資料を送ったりしています。

 

管理業務に関しても、解約の受付、退去立会い、リフォームの手配、リフォーム施工、敷金精算、次回の入居者募集など行っています。

 

また、不動産活用事業としてウィークリーマンションやairbnbの運営をしていますので、毎朝、予約の確認や業務委託の方への手配をしてクリーニング業務、補充品の購入など行っています。

 

不動産業を中心に起業したため、繁忙期はやはり忙しいのです。この状況が3月いっぱいまで続き、4月以降は暇になるのがひとり社長の通期のパターンです。

 ひとり社長の4月以降の閑散期の過ごし方

4月以降は新規の物件獲得(管理獲得)を中心に自社の管理物件を増やしたり、不動産活用事業に使用する物件の交渉などを行っていきます。

 

今年は起業4年目ということもあり、いままで3年間で培った経験をもとに今年は業務拡大を目指していきたいと思っています。

 

仕事はたくさんあるのに、ひとりではやれることに限界があるので、そこを改善する必要があると考えています。

 

そのため、通常の閑散期の過ごし方である新規取引物件の獲得以外にも提携業者さんを増やしたり、業務委託の方を増やしたり、一緒に事業を行うパートーナーを探したりしたいと思っています。

 

起業してから3年間はコツコツと右肩上がりで業績を上げてきましたが、そろそろ大きく伸びる時期だと思っています。

 

onepresident.hatenablog.com

 

まとめ

どの業種にも忙しい時期、繁忙期があると思います。閑散期は通常業務をやりながら繁忙期に向けて人材の育成、社内システムの見直し、売上が上がる仕組みの見直しなどを行うのが普通です。

 

ただ、現場で働いている時はあまりその辺のことは考えないんですよね。管理職や経営者になって初めて「今やるべきことと、未来のためにやるべきこと」をしっかり認識できるようになります。

 

思えば、ひとり社長も会社員のときは与えられた仕事をこなすことで精一杯でした。与えられた仕事をきちんと責任をもって完遂することだけを考えていました。

 

でも、いまは違います。繁忙期は閑散期にやってきたことの成果がでる時期だと認識しています。閑散期に種をまき、繁忙期に収穫をするのです。

 

今年の繁忙期の結果がどうなるのかはまだわかりませんが、その結果は昨年の閑散期にどれだけ頑張ったかが問われるのです。

 

繁忙期に無我夢中で頑張っても、肝心な取引物件が少なければ成果は上がりません。だから、閑散期に頑張りぬいて取引物件を増やしておいたり、売上が上がる仕組みを作っておくことが重要なのです。

 

繁忙期に入ってブログの更新頻度が落ちていますが、忙しいときはなんとなくブログを書くのが面倒になりますね…でも、頑張ってこれからも書き続けます。

 

以上、不動産業界は繁忙期です。繁忙期と閑散期の過ごし方でした。