ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

シーズン前にカビ臭いエアコン・カーエアコンをクリーニングする方法!

f:id:rajincom:20170425134510j:plain

桜のシーズンが終わり春の陽気から夏の暑さを感じる日が多くなりました。この5月・6月はエアコンのクリーニングや設置工事のトップシーズンになります。なお、家のエアコンをクリーニングするのも、車のカーエアコンをクリーニングするのも、ほとんど同じ作業になります。

エアコンは5月にクリーニングする

エアコンはすごく汚れます。夏場と冬場だけしか使わない場合でも空気を吸い込むフィルターの清掃は必要です。

 

また、エアコン内部のファンの周りにはたくさんのカビが発生しますので、エアコンを使う前には必ずエアコンをクリーニングしてください。そうしないとエアコンの送風でカビをまき散らしてしまいますよ…|д゚)

 

自分でエアコンをクリーニングする方法

エアコンは自分でクリーニングすることができます。ただし、スーパーなどで売られているエアコン清掃用スプレーでエアコンのフィンを清掃してもカビ汚れや臭いを除去することはできません。

 

下記の記事をよく読んで、エアコンのファン(送風口の奥にある回転する羽)とその周辺を良く洗浄してカビ汚れを落としてください。

 

エアコンの洗浄・臭い対策なら「くうきれい」がおススメです↓↓↓

 

くうきれい エアコンファン洗浄剤 (エアコン洗浄剤送風ファン用 養生シート付き)

 

これでエアコンからでる送風の嫌な臭いも消すことができますよ。

 

 

 

エアコンクリーニングを業者さんに頼む場合

エアコンクリーニングは意外に大変なんです。エアコンの前や周辺をかたずけて、エアコンにビニールシートを取り付けて・・・などあまりエアコンに慣れていない方がやるには大変かもしれません。

 

そんなときは無理をしないで業者さんにお願いしてください。自分でクリーニングする手間や時間、費用を考えたら業者さんにお願いしていまうのも良い選択肢だと思います。

 

おススメはエアコンクリーニングに力を入れているダスキンです。マットやモップのレンタルのイメージが強いですが、実はエアコンのクリーニングにものすごく力を入れているのです。研修もしっかりしていますので当たりはずれが少ないエアコンクリーニングが期待できます。

 

ダスキンのエアコンクリーニングの詳細は下記リンク先よりご確認ください

 

ダスキンのエアコンクリーニング

 

f:id:rajincom:20170430181519p:plain

 

もう一つの選択肢としては、複数の業者さんの見積もりを取れば費用が安くなる可能性があります。しかし、1件づつ連絡していると大変ですので一括見積サイトを利用しましょう。

 

エアコン清掃・ハウスクリーニングの無料一括見積は下記リンク先よりご確認ください。

 

“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》

 

f:id:rajincom:20170430182435p:plain

 カーエアコンのクリーニング

エアコンと言えば、家のエアコンだけではなく車のエアコン、カーエアコンもシーズン前に清掃しておいた方がいいです。

 

カーエアコンは仕組みやクリーニングの仕方はほとんど家のエアコンと変わりません。

 

面白いのはカーエアコンもエアコンのフィルター交換しか、情報が出回っていないのですが、実際にはエアコンと同じようにカーエアコンのファン(回転する羽)の部分をクリーニングしないとカビ汚れや臭いが除去できないのです。

 

そして、車屋さんでカーエアコンのファンの部分を洗浄してもらうか、自分でやるか、という選択肢になります。

 

車屋さんでは約5,000円~8,000円でカーエアコンの洗浄をやってくれるはずです。しかし、自分でも簡単に洗浄できますので自分でやってみることをお勧めします。

 

なお、家のエアコンも、車のカーエアコンも当然、プロの業者さんが洗浄した方がきれいになります。

 

カーエアコンを自分で洗浄する方法

 カーエアコンも家のエアコンも同じですが、フィルターの清掃・交換と内部のファン・エバボレーターの洗浄の2つが必要となります。

 

カーエアコンのフィルターは基本的には洗浄ではなく1年に1回交換するのがお薦めです。車を走らせていると砂やほこり、花粉などいろいろなものを吸い込みますのでフィルターは想像以上に汚れています。

 

このフィルターを洗浄してもあまりきれいになりませんので、交換してしまいましょう。なお、交換はものすごく簡単ですので車屋さんではなくて自分でやりましょうね。

 

1)カーエアコンフィルター交換

フィルターは助手席のダッシュボードの奥についています。(車種によって違いがありますが・・・)

 

ダッシュボードを開けて、その根元を両サイドから強く推してさらに手前側に開ければ奥にフィルターの入っているプラスチックが見えます。

 

f:id:rajincom:20170501113055j:plain

蓋が簡単に外れますので、蓋を外して、あとは何も考えずにフィルターを抜き出せばOKです。

 

f:id:rajincom:20170501113103j:plain

そして、新しいフィルターを差し込んで元通りに蓋をしてダッシュボードを締めればできあがりです。

 

この程度のフィルター交換でもガソリンスタンドや車屋さんでは結構な料金がかかりますので自分でやりましょう。

2)カーエアコン ファン・エバボレーターの洗浄

自分でやるファン・エバボレーターの洗浄も簡単です。専用の洗浄剤を流し込んでカビ汚れを溶かして落とすだけです。

 

基本的には上記のフィルター交換と一緒にやりましょう。それの方が楽ですから。ダッシュボードを開けて、フィルターを取り外したら、そのフィルターを取り外したあとの空間に洗浄剤を流し込めばOKです。

 

f:id:rajincom:20170501113148j:plain

ただ、これだけです。洗浄剤と汚れは排水ドレンを通って車の下から流れていきますので、排水など考える必要はありません。

 

洗浄剤の説明書通りに洗浄剤を流し込み、少しだけエアコンを作動させてファンを回して、あとは洗浄剤と汚れが排水されれば完了です。

 

f:id:rajincom:20170501113128j:plain

ひとり社長は家のエアコンと同じ「くうきれい」でカーエアコンも洗浄してしまいますが、初めての方は車専用の洗浄剤をお勧めします。

 

おススメの洗浄剤はクイックエバボレータークリーナーです↓↓↓

 

クイックエバポレータークリーナーSとエアコンスメルカット 自動車用 エアコン 消臭剤セット/V9354-0006/MZ100574

 



なお、構造的には、手前にフィルターがあって、その奥にファンがあって、そのさらに奥にエバボレーターがあって、排水ドレンへつながっています。

 

そのため、フィルターを交換して、ファンとエバボレーターを洗浄したらカーエアコンの臭いにおいは消えます。

 

ただし!何年も洗浄していなくて初めてカーエアコンを洗浄する場合はこびりついた頑固なカビがなかなか取れない場合もありますので、その場合は2回続けて洗浄するとすっきりときれいになります。

まとめ

自宅のエアコンも車のカーエアコンも同じなんです。しかも、スーパーなどで市販されている洗浄剤はなぜかあまり意味のない箇所を洗浄する薬剤しか置いてありません。

 

もしかしたら、内部のファンやエバボレーターなどを洗浄すると故障のリスクがあるので売っていないのかもしれませんが、ひとり社長が何度も行っている感じでは一般の方でもまったく問題なくエアコンクリーニングができます。

 

これから暑くなって、エアコンを使い始める前にやることをお勧めします。今年こそ、かび臭いエアコンの送風を退治しましょう!!