ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

掃除をしたら防汚コートでキレイを維持しよう!家具家電は防塵スプレー、水回りは撥水スプレーで防汚コートをする!

f:id:rajincom:20180428202541j:plain

毎日の掃除や年末の大掃除など、せっかく時間をかけて掃除をしたのですから、できるだけ長くキレイな状態を維持したいものです。また、次の掃除のときにより簡単にきれいになるようにする方法をご紹介します。

汚れを落とす!きれいな状態を維持する!

毎日生活をしていればお部屋は汚れるのが当たり前です。また、誰も住んでいないお部屋でもホコリは積もり、水回りは水垢がつきます。

 

掃除してもすぐに汚れていくのが当たり前のことなのです。そこで、せっかく掃除をしてきれいになった状態をきれいなまま維持する方法をご紹介します。

 

※掃除をして汚れを落とす方法はこちらの記事を参照ください。

 

ホコリが積もらないようにするには空気清浄機と防塵加工

お部屋が汚れる最大の原因はホコリです。空気中に舞っているホコリは何もしなくてもお部屋を汚していきます。そのため、ホコリを減らすことがきれいなお部屋の状態を維持するうえで大切なことになります。

空気清浄機で空中のホコリを減らす!

まずは空気清浄機は必須です。花粉やホコリを吸い込んでフィルターで汚れをとってからきれいな空気を吐き出す空気清浄機はお部屋をきれいな状態で維持するためには必ず必要なものです。

 

空気清浄機があるお部屋とないお部屋ではホコリの溜まり具合が全然違います。また、窓を開けている時間が長いと外からホコリやチリ、砂が入ってきますのでお部屋が汚れます。

 

※空気清浄機は構造がシンプルなため安いものでも十分な性能があります。おすすめはシャープ製です。お部屋の広さに応じていろんな大きさの空気清浄機がありますが、部品を共有化してあるため安くて良いものが多いです。空気清浄機の人気売れ筋ランキング1位は下記のシャープKC-G50です。

家具や家電は防塵加工してホコリを防止する

 空気清浄機で空中のホコリを減らしたら、次にやるべきことは家具・家電にホコリが着かないようにすることです。

 

ホコリを防止する市販されているスプレーは「静電気防止スプレー」です。スプレーすることで静電気の発生を抑えて、ホコリの吸着も予防することができます。

しかし、衣類向けの商品のため、家具や家電にはあまり向いていません。そのため、ホコリを防止するスプレーは自分で作りましょう!

防塵スプレーの作り方

ホコリは空気中に舞っています。そして家具や家電に降り積もるのです。また、ホコリは静電気にくっつく性質がありますのでテレビやパソコンなどには吸い寄せられるように積もっていきます。

 

そのホコリを防ぐために防塵スプレーを自作して使います。作り方はものすごく簡単です。水に「柔軟剤」を少し入れるだけです。

柔軟剤は洗濯をするときに衣類を柔らかくしたり、香りを良くしたりします。また、繊維同士の滑りを浴したり、静電気を防止してホコリや花粉の吸着を抑えることができるのです。

 

家庭で使う防塵スプレーを作るときには空のスプレー容器(100均でも売っています)に水を200ml入れて、そこへ柔軟剤を5ml入れるだけです。この割合は適当で大丈夫ですが、柔軟剤が多すぎると家具や家電がベタついたり、香りがついてしまいますので少量でいいと思います。

この自作した防塵スプレーを家具や家電に吹きかけて雑巾で磨き上げればホコリの着きにくい家具・家電にすることができます。

 

大掃除や広い面積を清掃するときは、バケツに水を入れて、そこへ柔軟剤を少量いれて使います。雑巾を湿らせて固く絞ってから家具や家電を噴き上げるのです。この防塵スプレーは簡単に作れますが、効果がありますのでお勧めです。

 

もちろん、絶対にホコリが積もらないわけではありません。ホコリが積もり難くなったり、ホコリを落とし易くすることができるのです。

 水回りは撥水加工をしてきれいを保つ!

お部屋の中の家具・家電にホコリがつかないようにしたら、次は水回りです。キッチンの流し台や洗面台、お風呂、トイレなどを汚れ難くしていきます。

 

こちらは防塵加工ではなくて、撥水加工をしていきます。水回りは水がつくことによって水垢やその他の汚れがこびり付きます。

 

そのため、水回りには「水を弾く」ように加工してあげればキレイを維持することができます。

 

撥水加工は市販のものを使用します。家庭用で人気なのがティポスの超撥水コーティング剤です。水回りをきれいに清掃してからコーティング剤を吹き付けて、スポンジでこすり、その後、水で洗い流してから乾拭きで仕上げます。

使い方も効果も車のワックスとまったく同じです。撥水加工の良いところはキレイを維持できるだけでなく、汚れがついたとしても水で流せば簡単に汚れを落とすことができるようになるところです。

 

素材に汚れが浸み込むのではなく、撥水コーティングの上に汚れがついている状態になりますので水で流すだけで汚れが落ちるのです。車のワックスも同じです。雨が降るたびに車がキレイになるのは車のワックスのおかげなのです。

 

洗面台の防汚コートも家庭で使いやすい商品です。洗面台やタイル壁、ガラス、トイレ、流し台など水を使うところに使用します。

まとめ

掃除を毎日していてもホコリは毎日積もります。水回りもしっかり掃除しているつもりでも水垢がつきます。

 

せっかく掃除するのですから掃除した後に防汚コートをして汚れが付きにくい状態を維持しましょう。

 

また、汚れが付きにくいだけでなく、汚れを落とし易くする効果もあります。ほんの一手間の防汚コートですがキレイなお部屋を長く維持するためには効果が絶大です。

 

ひとり社長もリフォームを終えたお部屋やウィークリー賃貸の清掃後に防塵スプレーを使用してホコリが溜まらないようにしています。水回りも定期的に撥水スプレーをしていますので清掃時は軽くスポンジでこする程度で汚れが落とせて大変便利です。

 

掃除 + 防汚コート = お部屋をキレイに維持できる

 

以上、掃除をしたら防汚コートでキレイを維持しよう!家具家電は防塵スプレー、水回りは撥水スプレーで防汚コートをする!でした。