ひとり社長の奮闘記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

お部屋探しは不動産屋さんを信じないことが大切です!

不動産事業

f:id:rajincom:20170109164207j:plain

引っ越しシーズンですね。いいお部屋を早く見つけて快適な新生活を手に入れたいものですね。しかし、お部屋探しは大変難しいのです。不動産会社に行けば、その不動産会社が決めたい物件をごり押しされ、ネットで見つけようと思うとおとり広告に騙され、本当に大変です。そこで賃貸管理会社を経営しているひとり社長がお部屋探しのポイントを主観的に語ります。

不動産屋さんを信じるな!

これが一番重要です。起業する前は不動産会社に長く勤務してきたひとり社長がはっきり言いきれます。不動産屋さんを信じてはいけません。

 

何を信じてはいけないのかというと、不動産屋さんがおススメする物件を信じてはいけないし、不動産屋さんが不動産屋さんの都合で発する言葉を信じてはいけません。

 

どうしてか?不動産屋さんも大変なんです。たくさんのルールや縛りがあり、目的や目標があります。本来は不動産屋さんの目的はお部屋探しをされているお客様のお役に立つことですが、それを実現しようとしている不動産屋さん、営業マンはほんの少数です。

 

もしかしたら、会社を設立した当初や営業になりたての新人の頃は理想の実現に向かって頑張っていたかもしれませんが、理想だけで生きていけるほど世の中が甘くないため、段々と変節していってしまうものです。

 

不動産会社にお部屋探しに行くとごり押しされる物件が必ずあります。それは不動産会社も自社が管理するお部屋の客付けを最優先にしないと家主様から怒られてしまうからです。

 

最悪のケースでは管理解約になりますので、自社が管理するお部屋を最優先で客付けしたいのは仕方のないことなのです。

 

また、それ以外にも家主様からたくさん報酬をもらえるお部屋を決めるのが営業マンの宿命です。どの不動産会社にも営業の売り上げノルマがあり、バックスペースには営業成績のグラフが貼ってあります。

 

また、その営業成績(売上)によって賞与や昇進が左右されますので、家主様からたくさん報酬(広告料)をもらえるお部屋を決めるために全力を尽くします。

 

もちろん、お客様とコミュニケーションをとるためにお客様のご意見やご要望はしっかり聞きます。そして、聞いたうえで否定して、自社や営業マンのおススメのお部屋をごり押しするのです。

 

名古屋発の全国チェーン ミニミニでは家具家電付きのお部屋をごり押ししますが、これは自社の管理物件で最優先に決めないといけないのと、家具家電付きはミニミニにとって大きな収益源になっていますので家具家電付きをごり押ししているのです。

f:id:rajincom:20170109164058p:plain

不動産屋さんの優先順位とお客様の住みたいお部屋の条件が一致していれば、何も問題がありませんが、残念ながら一致しているところは見たことがありません。

 

しかし、ひとり社長が会社員時代に営業研修で、その一致していない状態でも最終的に不動産屋さんが決めたいお部屋で決めるための研修講師をしていました。そう、一致していなくても順序だてて、お客様の心理を考えながら営業すれば営業マンの決めたいお部屋に決めることができるのです。

 

なんか、怪しい詐欺や宗教みたいな話ですが、本当に洗脳レベルで信じ込ませられるのです。だから、不動産屋さんを信じてはいけません!自分の希望条件を忘れないように紙に書き出してお申込み前には再度、このお部屋で良いのか確認をしましょう。

不動産会社の特徴

不動産屋さんと一口に言ってもたくさんありますね。現在ではインターネットでお部屋探しをして、メールでお問い合わせしてから不動産会社へ行くことが多いと思います。また、不動産会社はどこも同じ物件を取り扱っていて、その不動産会社だけが募集しているお部屋はほとんどありません。その辺は一般の方にはわかりにくいかと思います。

不動産会社の種類

家主様と直接取引をしている不動産会社

全国チェーンや地場の不動産会社は賃貸物件を所有している家主様から直接ご依頼を受けて賃貸管理や入居者募集をしているところが多いです。直接取引している不動産会社のよいところは情報が正確なことや、家主様の性格など把握しているため条件交渉が円滑にできるところです。

流通物件だけを取り扱う不動産会社

人口が多い都心部には怪しい不動産会社が多いです。繁華街の3階以上の不動産会社のことです。新宿、渋谷、池袋、高田馬場などに行くとたくさんありますね。

これらの賃貸仲介専業の会社は不動産流通機構のレインズやアットホームなどの業者間流通を使って営業活動をしています。

そのため、どこの不動産会社にいっても同じ賃貸物件が出てくるのです。ただ、営業マンの能力によってピンポイントで希望に合う物件を見つけ出してくれたり、その人のマンパワーによって良いお部屋に見えるなどの違いがあります。

両方取り扱う不動産会社

もちろん、上記の両方を取り扱う会社もたくさんありますが、自社が家主様と直接取引しているお部屋を最優先で仲介しますので、流通されているお部屋の紹介は後回しになります。

自社で家主様と直接取引しているお部屋を決めれば、将来的には更新料収入が得られ、管理獲得につながる可能性があるからです。なお、一般的に流通されている物件は築年数が浅く、RC造りのマンション(分譲マンション)が多いです。

これは建設会社の子会社やハウスメーカーの子会社、賃貸管理会社など仲介業をしていない会社が業者間流通にお部屋を流通させているからです。

逆に家主様が直接、不動産会社に入居者募集を依頼しているお部屋は築年数が古いアパートマンションが多い傾向にあります。これは昔から家主様が自主管理してきた賃貸物件が多いためです。

まとめ

お部屋探しをするときは自分の希望の条件を良く理解してからお部屋を探しましょう!そして、不動産屋さんに洗脳されないように気を付けて、不動産屋さんを信じないことが大切です。

 

お部屋探しに行く前は自分の好きな家具や家電を選んで、自分好みのお部屋にしようと思っていたのにミニミニへ行ったら家具家電付きのお部屋を借りてしまった!なんてことがないようにしましょう。(そういうお客様が結構いるのです)

 

不動産屋さんの営業マンは営業研修を受けたプロです。受付から営業会話、ご案内、クロージングまでものすごい心理学を多用してきますので要注意ですよ。ふらっと、不動産会社に入っただけなのに、敷金0・礼金0で、家具家電がついて、いま決めないと他のお客さんに取られてしまいますよ!と言われてお申込みをしないようにしてくださいね。