}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

不動産業界は繁忙期です!繁忙期の成功は準備が9割です

不動産事業

f:id:rajincom:20170108231002j:plain

うれしい悲鳴ですが、現在、ひとり社長は大忙しです。業務委託の方やアウトソーシングを活用していても計画と決断の部分は常に自分でやらなければいけません。ルーティンワークについては、どんどん手放していけばいいだけですけどね。

お部屋探しのシーズン

日本の新学期は4月から始まります。学校の入学も会社の入社も4月からです。そのため、4月から新生活を始める人がたくさんいます。その人たちは4月から新生活を始めるために1月~3月にお引越しをするのです。

 

お引越しをするには空室が必要です。そう、引っ越して入居する人がいれば、引っ越して退去する人もいるのです。だから、賃貸管理会社でも繁忙期の1月~3月は大忙しなのです。過去に徹夜でリフォームしたことも何度もあります。

 

退去についても、更新の意思確認、退去の意思確認から始まり、退去手続き、次回の入居者募集、リフォーム手配などやることが盛りだくさんです。その退去の件数が1月~3月に集中しますので本当に大変です。

 

もちろん、儲かるシーズンでもあります。1年間の売り上げの半分をこの繁忙期1月~3月に売り上げるのです。

賃貸管理会社の繁忙期

上記の通り、賃貸管理会社も1月~3月が猛烈に忙しくて繁忙期になります。やることは無限にありますので、本来は繁忙期前の10月~12月にどれだけ繁忙期の準備ができたかによって繁忙期の業績が左右されます。

 

1年間のうち、繁忙期以外の時期は繁忙期に向けて、準備や練習をしているのと同じことです。

 

入居者を募集するのにも、室内の写真から間取り、募集条件、募集方法などたくさんのことをやらなければいけませんので、これらの業務をいかに効率よくルーティンワークに落とし込んでおくのかが重要です。

 

リフォーム工事にしてもミスを減らすために、受注から発注、見積もりの作成、確認、入金の確認まですべて仕組化しておきます。

 

すべての業務を仕組化して、ルーティンワークに落とし込んでおくことで繁忙期を迎えられるのです。

繁忙期に売上を上げるには準備が大切です

賃貸管理会社も繁忙期は売上が跳ね上がります。通常の賃貸管理料収入だけでなく、更新料や仲介売り上げ、リフォーム売り上げが増えるからです。

 

繁忙期はたくさんの更新を処理して、空室をたくさん仲介して、リフォームをたくさんやれば売り上げはいくらでも上がります。

 

しかし、これも準備9割です。繁忙期にいくら頑張っても売り上げの伸びはたかがしれています。

 

閑散期にできる限り、管理物件を獲得して、取引物件を増やしておくことで、繁忙期にたくさん仲介ができ、たくさんリフォームができます。そして、その時に仲介したお部屋はいずれ更新を迎え、たくさんの更新をすることになります。

 

だから、閑散期にどれだけ頑張ったのかが問われるのです。繁忙期になったから頑張ろうではうまくいきません。

 

ひとり社長もサラリーマンの管理職時代はいつも繁忙期に向けた準備期間だと閑散期に言っていたのを思いだします。

 

それに比べると起業してひとり社長になった現在はあまり繁忙期に向けて準備していなかったことが悔やまれます。どちらかと言えば閑散期だから遊んでおこうと思って過ごしていました…(泣)

 

onepresident.hatenablog.com

まとめ

仕事は準備9割です。これは間違いありません。いくら本番頑張っても、準備ができていなければ大きな成果を得ることはできません。雨が降る季節の前に大きな穴を掘っておけばたくさんの水を得ることができ、小さな穴しかなければ少しの水しか得られないのと同じことです。

 

ただ、準備をしないで繁忙期に入ってしまった場合はやみくもに努力するのではなく、頭を使って効率を上げて仕事をやるしかありません。悔やんでもしかたありませんので、くよくよせずに前を向いて働きましょう。そして、働き一両、考え五両の精神で働きましょう。

 

ただ、働くだけでは一両にしかならないが、頭を使ってよく考えて働けば五両を得ることができるという意味です。

 

いい言葉です。閑散期にさぼってしまったひとり社長も救われる気がします。さぁ、繁忙期です。頭をフル稼働させて最大限の成果を上げたいと思います!