ひとり社長の奮闘記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

顧客の利益か自社の利益か?社長ならよく考えないといけませんね

会社運営

f:id:rajincom:20161211182140j:plain

最近、さまざまなところで顧客の利益を無視して、自社の利益を優先させている会社が多いと感じます。ひとり社長も会社員の頃はそんなこと考えたこともありませんでしたが、独立してからは「顧客の利益」を常に優先させてようと思い仕事をしています。

 

正直言ってしまえば、自社の利益を得ようと思えばいくらでもできます。しかし、起業してから資金的に苦しいときでも常に顧客の利益を優先させてきたので現在があると思っています。

 

キュレーションメディアやまとめサイトが勝手に他人の著作物を転記したり、確証のない情報を垂れ流したりするのは、要は自社の利益のためです。

 

クラウドソーシングという安価な外注を利用して、専門家でもない一般の方がいろんなサイトから盗用して記事を量産していたのです。

 

キーワードを選定して、8000文字以上書いて、検索上位に表示させていたのです。なぜか、検索上位であればたくさんのPVが見込めます。そして、アドセンス、アフィリエイトというネット広告で売上を上げるのが目的だったのです。

 

ビジネスとしてネット広告をやる以上は売上だけでなく、利益が重要です。そのため、専門家に記事を書いてもらうのではなく、クラウドソーシングという安く、低コストで書いてもらえる素人の一般の方を使っていたのです。

 

その結果、素人の方が他のサイトから盗用した正確でない情報の記事が大量にばらまかれたのです。

 

大手上場企業がやることではありませんね。個人のアフィリエイターが細々とやっているようなことを信用が大事な大手企業がやってしまったのです。

 

・正確な情報ではない、誤った情報の記事をたくさん配信した

・記事は他のサイトの内容を盗用したものだった

・会社としてのコンプライアンスチェック機能がなかった

 

いろんな問題が明るみに出てしまいました。ただし、リクルートなど他の会社のキュレーションメディアも続々と閉鎖していますので、結構広い範囲で上記のような誤った行為が行われていたんだと思います。

 

自社の利益を優先するあまりに法令順守をせず、その記事を見てくれる顧客の利益を損ねてしまったのです。問題の発端となったWELQは医療関係のまとめサイトです。間違った情報で被害が出ないとも限りません。

 

だから、顧客の利益を優先した経営が大切だと思います。そして、その決断を下せるのは会社のトップである社長なのです。

 

ただ、大手の有名企業でも自社の利益を最優先したエゲツナイ経営をしているところが多い気がします。

 

会社が営利目的である以上仕方のない部分もありますが、ちょっとやりすぎだと思うこともよくあります。

 

例えば、日本のインターネット企業で一番有名なYahoo!などもかなりえぐい商売方法で有名です

 

ポイント5倍、7倍と言っても、実際には期間限定ポイントの話で短期間にさらに買い物しなければ消えてしまう程度のポイントであったり、そもそも、その倍になるポイントを貰うのにスマホにアプリをダウンロードして、そこから購入する等のいろんなことをする必要があります。

 

また、すぐに消えてしまう5倍、7倍の期間限定ポイントもまとめてすぐに使えないようにポイントを付与する期間を調整しています。

 

消費者が何度も買い物をするようにしているのです。5倍、7倍のポイントがあっても、他の買い物をしてついてくる5倍、7倍のポイントが付与されるのは半月以上先であり、それ以前のポイントは次のポイントが付与されるまでに使用期限が来るようにされています。

 

まぁ、あきれるくらいよく考えた仕組みになっています。そのよく考えた仕組みはいかにヤフーが自社の売上を上げるかだけしか考えていませんが…もう少しお客様のことも考えてくれるといいですね。

 

また、スマホやWi-Fiなども解約するとなると高額な解約料を請求したり、店舗では成績が悪くなるのを嫌がって解約を断り、電話で解約してくださいと真顔でいっていたり、顧客の利益は自社の利益の二の次だと感じます。

 

つい最近もYahoo!からくる大量のメールを止めようと思って、Yahoo!ダイレクトオファーを解除しようとしたら「解除するとメール転送サービスはご利用頂けなくなります」という表示がされました。お客様の立場からしたら迷惑メールを解除するのと、転送サービスを停止するのがセットになっている理由がまったくわかりません。

 

ただ、わかるのはYahoo!としてはとにかく自社の利益だけを最優先したいということです。ヤフーはゴリゴリですから、メールサービスなど、いろんなサービスでしつこく広告配信をして、広告を表示させている印象が強いですね。

 

まぁ、大元のトップから売上・利益のノルマを達成しなければお前は首だ!!と厳命されているのでしょうから仕方ないのかもしれませんが…大元はトランプタワーでニッコリですが…

 

いつも思います。経営者である社長は常に顧客の利益を優先することを意識しないといけないということを。

 

でも、大手は結局は自社の利益追求なんだろうな…と思う今日この頃です。ひとり社長はそんなこんなで会社を大きくすることはありません。適正な規模で顧客の利益と自社の利益のバランスをとっていきたいと考えております。

 

なに、石原さとみ???違うだろ!ぱくたそで有名な河村友歌さんだろ!!!