}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

起業したらブログを書こう!物を書くことは考えること!

f:id:rajincom:20160917212142j:plain

ひとり社長は起業してからブログをはじめました。現在はこのひとり社長の奮闘記をはじめ6つブログを運用しています。

ひとり社長が運用しているブログについて

ブログを運用している目的は収益化ではありません!!!

現在運用している6つとも収益化はされていません。このひとり社長の奮闘記ブログを使って、多少、GoogleアドセンスやAmazon、楽天、A8のアフィリエイトを試している最中になります。

 

運用しているブログは会社のPR(紹介)のためのブログや賃貸物件を所有している家主様向けのブログ、お部屋を借りるお客様向けのブログ、ただ日々思ったことを書く雑記ブログなどです。

 

原則として、仕事のためのブログですね。また、雑記ブログは正直言ってしまうとストレス解消のためのブログになっています。

 

さすがに思ったことをそのまま他人にぶちまけるわけにはいきませんので、日々、思ったことをブログに書いたりしています。

 

世の中にはおかしいな?これはこうじゃないの?みたいなことがたくさんあって、自分の中でもんもんとすることがありますが、ブログに書いてしまえば、スッキリ解消されます。

ひとり社長がブログを始めた理由!

ブログを始めた理由は上記のとおり仕事関係がほとんどです。

 

会社のブログは、当社がどんな会社で、どんな人が、どんなことをやっているのかなどがわかるように記事を書いています。

当社と取引をしたり、当社に関心がある人向けに簡単な自己紹介みたいなブログになっております。

 

賃貸物件を所有しているオーナー様向けのブログは賃貸経営のノウハウとして、リフォームを安くする方法だったり、相続のことだったり、管理会社をなぜ頼んだ方が良いのかだったりを記事にしています。

 

そして、そこから賃貸管理についてお問い合わせをいただいて新規取引先の開拓(管理獲得)をして行こうと思ったこともありますが…

 

現在のところ、ただ、賃貸オーナー様のブログがあるだけです。

 

また、お部屋を借りる人向けのブログは、もともとは仲介手数料のゼロナビというサイトを運用していた延長で、仲介手数料が無料の物件を掲載していました。

 

そして、物件掲載だけでなく、お得なお部屋の借り方や良いお部屋の見極め方、不動産会社についてなど、お部屋を借りるお客様が知りたいと思われる情報も記事にしています。

 

雑記ブログに関しては、ひとり社長の心の闇?生きている中でおかしいと思ったことや、これは違うだろうとか、誰も見なくてもいいから思いっきり主観的なことを書いています。

 

このひとり社長の奮闘記は起業してからの記録が目的でしたが、現在では起業を目指す人向けにひとり社長の起業体験や考え方を中心に書いているような気がします。

基本的には「起業・不動産・airbnb」を中心に書いていこうと思っています。

ブログを書くことは考えること

ブログを書いてみて思ったのが、ブログを毎日書くのはものすごく難しい。そして、1000文字以上の記事を毎日書くのはさらに難しい。

 

ブログはアウトプットになりますので、ブログを書く以上のインプットが必要になるため、たくさん本を読んだり、ネットで調べたりする必要がある。

 

その結果、ブログを書くということは頭を使って考えることだとさとりました。普段、いろいろ考えているような気がしていても、それは気がしているだけです。

 

「考える」とは話したり、書いたりしたときに、本当に頭を使って考えているんだと思います。ひとり社長も寝るときにベットの中や車の運転中にいろいろ考えますが、考えたことはすぐにスマホのアプリにメモをします。

 

忘れないためもありますが、せっかく考えたことも書き出さないと考えたことにならないと思うからです。考えて、そのまま、忘れてしまったら頭を使って考えたことにはならないと思っています。

まとめ

起業したらブログを書いた方がいいと思います。仕事のことを書けばいいのです。

・自分が何をしてきたのか?

・自分が何をしているのか?

・自分は何をしたいのか?

・自分はどこへ向かっているのか?

・自分は何を考えているのか?

難しく考えないで書き続ければ何か見えてくるかもしれませんね。ひとり社長はまだ何も見えていないですが…起業してからの記録としては役に立っています。

ブログを書いて、頭をいっぱい使って考える習慣がつくといいです。起業は決断の連続ですが、決断するには考えて、考えて、考え抜くことが必要だからです。