}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

起業を考えているなら「案ずるより産むが易し」を信じて行動する!

起業

f:id:rajincom:20160908222933j:plain

サラリーマン時代の同僚や部下を見るといつも思います。なぜ、「すぐにやらないんだろう」と思います。結果はどうあれ、すぐにやれば改善することができるはずです。

起業も仕事もとにかくすぐやる習慣

ひとり社長は精神的に強い人間ではありません。もちろん、肉体的にも強くありませんが・・・。

そんなひとり社長が起業や仕事で気を付けているのが「すくにやる習慣」です。例えば、トラブルが発生したときにどう対処するかで、いろいろと心配してなかなか行動しない人が多いですよね。

そんなとき、ひとり社長は自分自身に「案ずるより産むが易し」と言い聞かせてすぐに行動するようにしています。

失敗しても、怒られても、殺されるわけではないのでとにかく「すぐに行動する」ことだけを意識しています。

ひとり社長もサラリーマン時代にたくさんの失敗をしましたが、そのたくさんの失敗は「すぐに行動しなかった」から失敗が長引いたような気がしています。

 結果が悪くてもすぐに動かなかった場合よりは良い

結果だけ見ると、悪い結果が出たときには先走ったなとか、やらなきゃよかったとか思うことがあります。

しかし、冷静に考えればやらなければ、何も変わらないのです。そして、トラブルなど相手がいる場合は待たせれば待たせるほど、相手の感情を悪くするのです。

やらなければ、どうすればよいのか判断すらできません。やって結果が良ければ、結果オーライですが、結果が悪くても、早く悪い部分が見つかってラッキーくらいに開き直ることが大切だと思います。

早く悪い部分が見つかれば、それに対して改善すれば良いのです。傷口を広げたとしても、より良い治療法が見つかればそれでいいのです。

すぐに行動して、言い訳をしない!起業で大切なことです!

自分が動けば、周りも動き出します。いま立っている場所からすぐに始めればいいのです。まず、自分が変わり、その次に周りの環境が変わっていきます。

ただし、それが起業という大冒険の場合は「すぐに行動する」ことと、行動する過程や結果に対して「言い訳しない」ことがセットで必要です。

起業で失敗する人はみんなうまい言い訳をするような気がします。せっかくすぐに行動して仕事を獲得できているのに、資金(お金)が足りないから、自分の能力が足りないから、経済状態が悪いから、消費税が上がったから、など自分に対して言い訳をしてしまう人が多いです。

だから、すぐに行動して、言い訳をしないことが起業家にとって大切だと思っています。

人は面白いもので自分に対してたくさんの言い訳をします。でも、言い訳は言い訳でしかなくて、すべてを自分のことだと受け入れなければ、前に進めないのです。

良いことも、悪いことも、雨が降るのも、郵便ポストが赤いのもすべて自分の責任なのです。

まとめ

日々、ちょっとしたトラブルが発生しますが、すぐに対処すればほとんど大きな問題になることはありません。

ただ、すぐに対処しなかったりすると、トラブルが長引いたり、大きくなったりします。

また、すぐに対処しない場合でも、そのことが気になって、気になっているのに行動できないことが多いような気をします。

だから、いつも自分自身に暗示をかけます。

「案ずるより産むが易し」

いくら案じていても、解決はしません。案じていて、ストレスを抱えるくらいならすぐに行動して白黒つけましょう。

結果が悪くても、それに対しての対応は案ずる必要がないのでテキパキと対応できるはずです。

あぁ~気になっていたあのトラブルが解消してよかった…ベットに入っても気になっていたんだよね…