ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

一戸建ての防犯は防犯カメラ、人感センサーライト、防犯シールがおすすめです!

f:id:rajincom:20151128140047j:plain

ひとり社長は東京郊外の戸建てに家族4人で住んでいます。普段は玄関の鍵を開けっ放しにしているくらい治安の良いところですが、最近、ビニールプールが自宅前で盗まれてしまいました。そのため、防犯について考えるようになりました。

一戸建ての防犯対策

戸建ての防犯対策として一番効果があるのは警備会社と契約することです。大手ではセコムや総合警備保障が有名です。

 

警備会社に依頼すれば、家の中や外へ様々な防犯対策を施してくれます。そして、緊急時の対応もしてくれますので安心です。

 

ただ、費用は高いです。ひとり社長のような一般家庭で気軽に頼むような金額ではありません。今後、一般家庭への警備会社利用が普及すればいずれ安くなるのかもしれませんが、現在のところ自分で防犯対策をするのが現実的です。

防犯カメラの設置

自宅で自分で行う防犯対策として一番効果があるのは防犯カメラの設置だと思います。防犯効果だけでなく、万が一、被害が出た場合にも防犯カメラで確認ができますので、費用対効果は抜群です。

 

今はWi-Fiを利用したネットワークカメラが安価に手に入りますので、自分で防犯するには一番良いと思います。

防犯カメラのおすすめランキング

1)無線・防水・屋外 ホーム監視ネットワークカメラ

Amazonの防犯カメラ部門でベストセラー1位の商品です。自宅にWIFIが入っていれば購入してすぐに使用を始めることができます。スマホやタブレットでカメラの画像をリアルタイムに見ることができますので大変重宝します。

f:id:rajincom:20171030182754j:plain

 

2)トレイルカメラ WTwisdom Together

トレイルカメラはネットワークの接続の必要はありません。電源も電池式になっていますので購入して電池を入れればすぐに防犯カメラとして利用できます。トレイルカメラで録画をしておいて、あとでトレイルカメラを回収して録画された映像を確認するタイプになります。

 

 3)ビデオ監視システム2× HD 130万画素タイプ

防犯カメラセットです。インターネット経由でスマホやタブレットで映像を確認することもできるし、録画してある映像を後で確認することもできます。録画データ上書き機能を組み合わせれば24時間365日録画をすることができます。

f:id:rajincom:20171030185154j:plain

 

とにかく安くあげるのであれば、防犯カメラのダミーカメラがおすすめです。

 

いまは本物と見分けのつかないダミーカメラがありますので、自宅の手の届かない上の方へ設置して赤色のLEDランプが点滅して、配線も見えれば、防犯の役に立ちます。

人感センサーを利用した照明を設置する

ひとり社長の家は妻は専業主婦で、子供はまだ幼稚園と小学校に行っているため、日中の人の出入りは多いです。

 

そのため、ビニールプールも夜間に盗まれたと思いますので、盗まれた翌日には人感センサー付きの照明を自宅の玄関横に設置しました。

 

この照明はひとり社長の仕事、賃貸管理業で使用していますので在庫がたくさんありました。

 

賃貸物件の暗いところに人感センサー付きの照明を設置してあります。これは防犯というよりも入居者の利便性の向上を目的としています。

 

設置場所で多いのは駐輪場や玄関前の共用部などです。既存の照明があり、明るければよいのですが、暗い場合は人感センサータイプの照明を設置しています。

 

自転車の鍵を開け閉めするのに便利ですし、自転車の盗難対策にもなります。また、ウィークリー(airbnb)マンションでは夜遅いチェックインに対応するため、キーボックスを照らすように設置してあります。

 

乾電池で稼働しますので、どこにでも気軽に取り付けられますので大変便利です。

防犯シールを貼り付ける

警備会社のシールに似せた防犯シールは安くて、簡単な割には効果があると思います。泥棒さんとしてはそれが偽シールであっても、防犯意識の高い家を狙いたくはないのです。

留守宅に侵入する泥棒も鍵を開けたりするよりも、鍵の開いている家に入ることが多いそうです。玄関や勝手口、窓の鍵が開いている家は防犯意識が低いと思われているのです。

まとめ

防犯対策はこの他にもたくさんありますが、窓にセンサーを設置するなど複雑になるようであれば、単純に警備会社に依頼した方がよいと思います。

 

また、ひとり社長のような一般家庭であれば、そんなに高い費用を出して防犯対策をする必要がありませんので、「防犯対策がしてあるぞ」とわかる程度の防犯対策でいいと思います。

 

そんなに魅力的でない一般家庭にリスクを冒してまで泥棒に入ろうという人は少ないからです。

 

ただ、自宅前でビニールプールが盗まれたという事実にはショックを受けました。すごく治安の良い地域だと思っていたからです。

 

そのビニールプール自体は2年使用して、空気漏れしているものでしたので再利用はできない状態でしたが・・・なんで盗んだんだろう…?

 

防犯については無意識でしたので、これからは防犯意識を持ち、地域全体の防犯のお役に立ちたいと思います。

 

以上、一戸建ての防犯は防犯カメラ、人感センサーライト、防犯シールがおすすめです!でした。