ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

airbnbの宿泊形態は!?ペンションよりもウィークリーマンションに似ている?

f:id:rajincom:20160901173606j:plain

昨年、盛り上がったairbnbも最近は円高の影響や進まない民泊全面解禁の影響であまり盛り上がっていない印象です。実際にひとり社長が運営しているairbnbのリスティングにおいても、宿泊料金を下げないとなかなか宿泊予約が入らない状況が続いています。

airbnbとペンションは似ている?

airbnbは自宅の空き部屋やアパート、マンションの空き部屋を利用した簡易宿泊施設です。

airbnbの運用を始めて、最初に思ったのがホテルや旅館とairbnbは全然違うなということです。

しかし、ペンションとairbnbはとても似ているような印象を受けました。お客様を繰り返し宿泊させて収入を得るというところはホテルも旅館もペンションもairbnbも同じですが、ペンションはご夫婦などが小規模で運営しているケースが多く、airbnbと近いような印象を受けたのです。

しかし、ペンションは現地にスタッフがいて、お客様の面倒をみたり、食事が提供されたりしますので、ほとんどホテルや旅館と変わりありません。

※ペンションとはホテル風の民宿のことです。民宿のうち洋風の建物を指します)

airbnbとウィークリーマンションは同じ?

一方でウィークリーマンションやマンスリーマンションはお部屋と家具・家電・雑貨を提供して、お客様は自分でチェックイン・チェックアウトします。

現地にスタッフはおりませんので、あくまでもすぐに生活できるお部屋を貸しているだけです。

airbnbもまったく同じです。現地にスタッフがいるわけでもなく、セルフチェックイン・セルフチェックアウトです。

こう考えると、ホテル・旅館、民宿、ペンションは旅館業法の範囲で、ウィークリー、マンスリーマンション、airbnbは不動産業の範囲でいいんじゃないかと思います。

ただ、実際には観光客を取り合う状況が生まれますので旅行業界が黙っていないのも理解できますね。

airbnbはホテルや旅館よりも圧倒的に安い宿泊費です!

airbnbはホテルや旅館の宿泊費よりも圧倒的に安いです。しかし、現地にスタッフがいるわけでもなく、古いアパートやマンションが宿泊場所だったりします。

また、お部屋の清掃もホテルや旅館ほどきれいではありません。清掃業者が清掃はしますが、立地や建物によってはいくら清掃してもきれいに見えないものです。

でも、airbnbは安いです。東京都内で新宿・渋谷から15分以内のホテルは一名あたり、一泊1万円以上します。しかし、ひとり社長が運営しているairbnbは一人当たりにすると2000円~3000円です。

しかも、持ち運べるポータブルWi-Fiが無料で使えますので、ホテルの宿泊費のほかにWi-Fiをレンタルする費用も必要ありません。

ひとり社長としても、増え続ける空室対策の延長で、空室活用のテストとしてairbnbを運営していますが、少しでも安く外国人旅行者に利用して頂きたいと思って運用しています。

まとめ

民泊という新しい市場がどんどん拡大しています。しかし、法的な整備は全然進まず、旅行業界と不動産業界の争いが激しくなっています。

不動産会社の東京建物は2017年に六本木に低価格のホテルを建設することを発表していますが、これでますます旅行業界と不動産業界の争いが拡大すると思います。

現状としては、ウィークリーやマンスリーマンションはたくさんの不動産会社が運営をしていて、宅地建物業法の一時貸借契約を利用しています。

一方でホテルや旅館などは観光客を宿泊させるのを目的として、旅館業法の下で営業をしています。

ただ、現実的には宿泊施設には変わりないのです。現地にスタッフがいて安心、安全、サービスが良いのがホテルや旅館で、現地にスタッフがいなくて、セルフでなんでもやるのがウィークリーやマンスリーやairbnbなのです。

日本においては早く法整備をして健全な民泊市場を作っていくことが重要だと思っています。ホテルや旅館業界がどんなに反対しても、インターネットを使った宿泊施設はどんどん増えていきます。

お互いがそれぞれの方針に沿って、運営して共栄共存していくことがお互いのためだと思います。

 

onepresident.hatenablog.com

 

 

onepresident.hatenablog.com

 

 

onepresident.hatenablog.com