ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

日本の相撲(すもう)を世界のSUMOにしてオリンピック種目にしたい3つの理由

f:id:rajincom:20160826172538j:plain

リオ・オリンピックで日本のメダルラッシュが続きました。そして、ひとり社長も毎日寝不足で大変でした…(;´・ω・) どの競技も大好きですが、個人の格闘技系は特に好きです。柔道やレスリングは日本のお家芸と言われる分野でたくさんのメダルを獲得することができるからです。

勝敗のわかりづらい個人格闘技より勝敗の明確なSUMO

しかし、柔道にしても、レスリングにしても、見ていて面白いのですが判定があいまいな部分が多いのが気になります。

もちろん、競技に精通している審判から見れば、攻撃しているようにみせかけて実際には逃げ回っている選手に対して警告を出しているのでしょうけど、一人から見たら判断がつかなかったりします。

でも、SUMOなら大丈夫です。土俵から出たら負けです。また、土俵に身体が着いたら負けです。

とても、明確です。同時に土俵から出たり、同時に土俵に身体が着くこともあるかと思いますが、それはビデオ判定や本当の同時であれば取り直しで対応が可能です。

この勝敗がわかりやすいと言うのはスポーツ観戦において、すごく良いメリットだと思います。

相撲(すもう)にも体重別階級を取り入れて国際化すればもっと面白い

 相撲に関しての問題点は体重別ではないことです。これは日本人が持つ美意識や伝統により体の小さい人が体の大きい人をやつけることを良しとするからです。

舞の海も人気がありましたが、体の小さい力士が俊敏性や技で体の大きな力士に対抗することに日本人は面白さを感じるのです。

しかし、世界のスポーツ競技は公平な状況での競い合いを良しとしますので、世界のSUMOになるなら体重別の階級制を取り入れる必要があります。

SUMO90キロ級やSUMO120キロ級などです。階級制であれば、柔道やレスリングと同じように公平な状況で技や力を競い合うことができます。

そして、ルールが単純明快ですから世界のSUMOになれるはずです。

どこでもできる競技だからこそオリンピック競技に向いている

現在、世界のスポーツ界では野球よりもサッカーの方が人気があります。サッカーの人気は見ていて面白いということもありますが、それ以前に競技人口が多いことがサッカー人気を押し上げているのです。

サッカーはボールをゴールに入れるだけという単純明快なルールです。また、チームスポーツですから体格の大きな人もいれば、小さいな人もいて、条件も比較的公平です。

さらにサッカーはボールが一つあれば、どこでもできる競技です。お金持ちでも、貧困の家庭でもサッカーは広場にボールがひとつあれば誰でも楽しむことができます。

誰でも楽しめて、サッカーがうまくなればお金持ちになるチャンスもあるすごいスポーツです。

でも、SUMOはさらに究極です。ボールすらいらないのです。身体が動けばいいのです。洋服すらいりません。

子供であれば、地面に拾った棒で円を描いて、パンツ一丁でSUMOをとればいいのです。そして、SUMOで成功すればお金持ちになれるサクセスストーリーがあれば、もっともっとSUMOは世界で流行ると思います。

世界で流行るには体重別にして、体格や体重による不公平を無くすことが必要です。それができればルールは単純明快で、どこでもできる最高のスポーツです。

まとめ

まぁ、相撲の伝統をぶっ壊すくらいの覚悟と行動力が必要となりますので難しいですね。ただ、ルールが簡単で、勝敗がわかりやすく、それでいて体重別で、公平な条件で競い合うことができ、どこでも誰でもできるスポーツですからもっともっとSUMOが世界に認知されても良いと思っています。

別に相撲取りだから太っていなくてはいけないという時代でもないと思います。体重別にすればレスリング体形のお相撲さん、柔道体形のお相撲さんなども出てくると思いますが、それを受け入れてSUMOを世界のスポーツにしていったらいいなと思います。

最後に一番大きな問題が…マゲ…ね…ふぅ("^ω^)・・・

伝統を維持するか、変化しながら世界的なスポーツにするのか!?難しい問題ですが、ひとり社長は相撲が好きですから変化しながらオリンピック競技になる日を夢を見ています。