ひとり社長の奮闘記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

単品商売の強さと弱さについて!吉野屋の牛丼など単品商売は強いのか、弱いのか?

会社運営 雑記あれこれ

f:id:rajincom:20160630185240j:plain

家族が帰省しているため、ひとり社長は現在、東京都内でひとり暮らしです。子供が産まれてからは、ひとり社長も料理をしますので自炊もできるのですが…ひとりで作って、ひとりで片づけることを思うと外で簡単に済ませてしまいたくなります。

かつやのかつ丼と自分で作ったかつ丼のお値段

暑い日が続いて夏バテ気味です。そのため、ビタミンBがたっぷり入っているとんかつを食べようと思い、近くのスーパーでとんかつと玉ねぎ、たまごを購入してかつ丼を作ってみました。

とてもおいしくいただくことができましたが、ふと思いました。ちかくのかつやでかつ丼を食べたほうが良かったのではないかということです。

なぜか、まず費用が自分で作ったかつ丼よりかつやのかつ丼の方が安い!それなのに、かつやのかつ丼は自分で作ったり、片づけたりする必要がないからです。

かつ丼のかつやや牛丼の吉野家、天丼のてんやなど単品商売はすごいなと思いました。

なぜ、単品商売がすごいのか?

単品にすると、その商品の材料だけを大量に購入することができるため、仕入れ金額が安くなります。(ボリュームディスカウント)

その結果、安い金額でお客様へ提供することができるようになるのです。さらに、単品なので複雑な作業工程がなく、誰にでも簡単においしい味を作ることができます。

また、単品という狭い範囲を深く深く研究開発しますので、本当においしい商品を開発することができるのです。

「安くて、効率良く作れて、本当においしい」というところが単品商売のすごいところです。これは食品以外の単品も同じです。総合スーパーよりも、衣料品専門のユニクロの方が「安くて、効率良く作れて、良い商品が作れる」のです。

単品はすごいけど万能ではない!弱点は?

単品商売が「安くて、効率が良くて、良い商品が作れる」ので最強か!?と思うのですが、そう単純でもなさそうです。

消費者の気持ちは常に移ろいやすいものですし、単品だからこそのリスクがあるからです。

おいしいかつ丼が安く食べれるのはうれしいですが、かつ丼を続けて食べたいとは思わないのです。

たまにかつ丼を食べたくなってかつやに行っても、頻繁にかつやに行くことはありません。頻繁に行くとすれば、いろいろな種類があるお店です。

かつやのジャンルで言えば、富士そばなどは頻繁にいっても飽きません。カレー、カツカレーを食べて、うどんやそばを食べて、いろいろな種類の丼ものが食べれるからです。

さらに、リスクとしては昔の吉野家みたいに牛丼に使う牛肉が狂牛病の発生で手に入らなくなると一気に赤字になります。

安くて、美味しい単品商品ですが、デメリットもあるので経営するときには注意が必要です。

ひとり社長のビジネスはバラエティーに富んでいます!

ひとり社長は不動産業を行っています。不動産業でも、売買の仲介だけをやる会社や賃貸仲介だけをやる会社、賃貸管理だけをやる会社などがありますが、ひとり社長は不動産の総合商社として手広く事業を行っています。

まさに、薄く広く事業展開しているのです。そのメリットは特にないです…ただし、楽しいです!!

ひとり社長は飽きやすい性格をしているのでわざと飽きないように賃貸管理業を中心として周辺ビジネスへ事業展開をしているだけなのです!!

本当はひとつに絞り込んで、効率良く、良いサービスを提供した方がよいのかもしれません。

しかし、性格を変えるのは難しいため、ひとり社長の長所でもあり、短所でもある飽きやすさを利用した事業展開をしています。

賃貸管理業が主な仕事ですが、賃貸仲介、売買仲介、リフォーム工事、エアコン工事、ウィークリー&マンスリーマンションの運営など自分の能力でできる範囲で行っています。

まとめ

ひとり社長として、会社の運営をしていると日常生活の至るところで仕事に関連付けて考えてしまいます。

今日もなぜ、お店で食べるかつ丼の方が安くて、手間なく、美味しいんだろうと思ったのが「単品商売の強さと弱さ」を考えるきっかけになりました。

自分で食材を買ってきて、手間暇かけて作って、食べ終わったら洗い物して、後片付けをするのにお店で食べる方が安いなんてーー!!って感じです。

でも、そんな単品商売にもメリットとデメリットがあり、その考え方はひとり社長の会社運営にも生かせると感じました。

本やインターネットだけではなく日常からもいろいろ学べますね。今日は立秋です。厳しい残暑が続きそうですが、夏を毎日楽しみたいと思います。