読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

ソフトバンク孫社長が動いた!ARMホールディングスを買収へ

f:id:rajincom:20160718151827j:plain

ひとり社長は少なり利益の中から頑張って先行投資をしています。しかし、ひとり社長が尊敬するソフトバンクの孫社長はまたも度肝を抜く買収を目指しているらしいです。

ソフトバンクが資産売却を繰り返していたのは次の投資の為?

ソフトバンクグループは2016年になってから、アリババ株やガンホー株を売却して合計で1兆円弱のキャッシュを手にしたと報道されていました。

また、その他にも子会社でスマホゲーム大手のスーパーセルの売却も模索している最中と言われております。

なぜ、今年に入り持ち株(資産)の売却を急ぐのか、いろいろな憶測が流れていました。

有利子負債の返済に充当するとか、一般事業目的に活用していくとか、子会社であるヤフージャパン株を買い増しするだとか言われてきましたが、答えは次の大規模投資に向けた準備だった可能性が高いです。

ソフトバンクはイメージよりもお金を持っている

ソフトバンクは厳しい資金繰りが有名です。常にたくさんのお金を借り入れて、そのお金を掛け金にして会社を大きくしてきたイメージが強い会社です。

しかし、ボーダーフォンを買収して、通信会社のソフトバンクになってからは手元資金も豊富にあり(3月末で2.5兆円)とても健全な財務内容になっています。

このイメージよりもお金を持っていると言うのは大事なところです。創業期から無理して背伸びしながら会社を成長させてきたのが、いまでは会社は大きくなり、かつ資金が豊富にあるのです。

孫社長としては次の手をあれこれと考えているんじゃないかと思っていましたが!!!まさか、3兆円を超える投資先を見つけていたなんて開いた口が塞がりません!!!

また、将来の向けたインフラ会社の買収か?

ソフトバンクの孫社長と言えば、インフラビジネスが大好きということで有名です。インフラとは「基盤」のことで、携帯で言えば、通信会社が行っている仕事が基盤(インフラ)に当たります。

携帯の電波や光ファイバなどの通信網を抑えることで、そのうえにいろいろなビジネスを展開していくのがソフトバンク流です。

携帯を販売して、光ファイバを販売して、携帯と光ファイバを合わせて販売して、電力自由化になれば、電力も併せて販売して、他社へもインフラを提供してなど、インフラを徹底活用したビジネスが得意な印象があります。

今回、買収先として名前が挙がっている会社もスマートフォンや車載システムのインフラを抑えている会社です。

英国のケンブリッジに本社を置く半導体知的所有権会社 アーム・ホールディングスは研究開発をしている会社で、その研究開発の成果を特許として他社に利用してもらうのがビジネスモデルです。

同社の回路設計の基本デザインはスマートフォンやデジタルテレビ、自動車などに組み込まれて幅広く活用されています。そうです。また、将来のインフラ会社へ大型投資を目論んでいるみたいです。

それにしてもタイミングがものすごくいいね!です。

アーム・ホールディングスはイギリスの会社です。この度のユーロ離脱に伴いポンドが大幅に安くなっています。

そのため、現在、高い円で買収できれば、将来的に少しでもポンドの価値が上昇すればそれだけでソフトバンクは大きな利益を手にすることができるのです。

しかも、アーム・コアと呼ばれる回路設計の基本デザイン「バージョン8アーキテクチャー」は世界で出荷されている最新鋭のスマホの60%以上に採用されていると言われております。

さらに、その「バージョン8アーキテクチャー」の発表以降は新規案件の獲得が増加しているということですので、現在が買収の大きなチャンスなのです。もし、いま購入しなければ、ポンドは高くなり、会社も成長し過ぎていて買収の対象にはならないかもしれません。

まとめ

さすがです。孫社長。まだ、正式発表ではありませんが驚きました。今年に入りアリババ株を売却して、ガンホー株を売却して、スーパーセルを売却する報道が流れて、いったい何をしたいのかさっぱりわかりませんでした。

しかし、今回の報道のとおり、アーム・ホールディングスを買収できれば、またもや第二のアリババならぬ、大きな利益をもたらしてくれる会社の買収に乗り出すことになります。

天才ですか、予知能力者ですか?と聞きたくなるくらい絶妙なタイミングです。将来が有望な業界の有望な会社を絶妙なタイミングで手に入れることができれば、これほど手堅い投資はありません。

業績がすぐに上がらなくても、ポンドが上昇するだけで大きな含み益をもたらしてくれるのですから。

ひとり社長はいつも思います。社長は実力も必要だけど強い運も必要だよなと。運も実力のうちかもしれませんが、運よく、タイミング良く、先行投資することはとてもとても大切なことだといつも思っています。