}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

ひとり社長が考える業務委託のメリット

会社運営

f:id:rajincom:20160705162911j:plain

業務委託で働いていると言うと非正社員だから下に見られるみたいな傾向がありますが、業務委託はほんとうはたくさんのメリットがある働き方だと思います。

業務委託で働くということ

業務委託とは、会社に雇用されるのではなく、会社と対等の立場で業務の依頼を受ける働き方です。

仕事を、いくらで、どのように遂行・完了させるのかを明確にして、会社と個人で契約を結んで働くことをいいます。

会社から見れば、常時雇用と違って、必要な時に必要な労働力を確保できるため、人件費を削減することができます。

業務委託で働く立場から見れば、あくまでも個人事業主という独立した立場を維持できることがメリットです。

会社に雇用していませんので、嫌な上司や無理な指示に従う必要はありません。あくまでも契約を遂行すればいいのです。

そして、契約通りに仕事をしっかり行えば、信頼されるようになり良い仕事をたくさん回してくれるようになります。

組織に縛られず、自分の得意な仕事だけを行うことができるのが業務委託の最大のメリットです。

デメリットとしては、個人事業主ですから労働基準法の適用外になったり、税務申告や社会保険を個人で手続きをする必要がある点です。

会社に雇用されていると楽だけど大変です

会社に雇用されていると労働基準法という労働者を守るための法律で守られます。また、社会保険や税金などの手続きはすべて会社がやってくれます。

住民税すら給与引き落としという形で代わりに支払ってくれますので、会社に雇用されているととても楽なんです。

しかし、会社に雇用されていると会社の指示に従わなければいけません。朝早くから朝礼やるぞ!といったらやらなければいけません。

また、仕事を頑張ってもその成果はあくまでも会社のものです。成果の一部は給与や賞与という形で貰うことはできますが、開拓した取引先や確立した仕事のスキームなどはすべて会社のものですので、退職後は一切持ち出すことはできません。

ひとり社長も業務委託も個人事業を行なっている点では同じです

ひとり社長は自分のお金(資本金)で会社を設立して仕事をしています。業務委託の場合は会社を設立する必要がありませんので資本金は不要です。

そのため、営業力があったり、技術力があれば、すぐに業務委託として仕事を請け負って収入を得ることができます。

ひとり社長も業務委託もひとりで独立した立場で仕事をしているのは同じです。違いは仕事を与える立場か仕事を請け負う立場かの違いです。

ひとり社長は事業計画を立てて、資金を用意して、営業活動をして、仕事のスキームを作り上げます。

そして、仕事を受注して(例えば、管理獲得して)、実際の清掃業務や入居者募集業務は業務委託の方にお願いしています。

業務委託の方は事業計画を立てる必要はなく、資金を用意する必要もなく、営業活動をする必要もありません。また、仕事のやり方もひとり社長より指示を受けますので、指示されたことをきちんとやることが業務委託の方にとって大切なことです。

きちんと仕事ができあに業務委託の方には2度と業務を発注しませんので、一つ一つの仕事をしっかりやって信頼を築くことが業務委託で成功するためにもっとも重要なことになります。

ひとり社長になるか、業務委託になるか

ひとり社長になるには

・資本となるお金が必要です。

・きちんとした事業計画を作る見識や能力が必要です。

・仕事のやり方やルールを作成する能力が必要です。

・他人に仕事をお願いしてしっかり働いてもらう能力が必要です。

 このような能力等が必要になります。上記のような能力があれば業務委託ではなく、ひとり社長として起業した方が良いと思います。

業務委託に向く人は

・資本となるお金がない。

・与えられた仕事を責任持って成し遂げる能力がある。

・社交的である。

・営業力がある。

・組織に縛られず自由に生きたい。

・朝はゆっくり寝たい。

・稼いだらロングバケーションを取りたい。

という人におすすめです。

まとめ

どちらにせよ組織に属さないで自分の人生を自己責任で生きようと思ったら起業して社長になったり、業務委託として自分の能力を使って生きることが必要です。

どちらが向いているかは性格ややる気の問題なのでいちがいには言えません。ただ、業務委託で仕事を学んでから起業するのもいいと思います。

サラリーマンから独立すると右も、左もわからない状態ですが、業務委託で働いていた場合は税金や社会保険、労働基準法などについても知識がありますのであまりストレスを感じることなく起業ができると思います。

また、業務委託で働いたことがあれば、自分が起業して人を使う立場になっても業務委託の人の考え方などを理解できますのでスムーズに仕事を任せることができます。

業務委託で働くメリットは結構たくさんあるんです。組織が嫌いで業務委託というだけじゃないです。

最近は個人事業主や業務委託など非正社員の労働者が増えています。これは正社員の雇用が少なくなったからだけじゃなくて、働き方の選択肢の一つとして非正社員というジャンルが確立されてきたからだと思います。

高度成長期が終わり、右肩上がりの経済成長は見込めません。そのため、個人の能力を高めて仕事を作り出したり、仕事を行ったりして、個人として生き抜くサバイバル能力が必要な時代です。