ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

「民泊ポリス」が試験的に運用開始しています~ただし、結構、痛いサービスになっている模様です

f:id:rajincom:20081003204644j:plain

民間による全国初の違法民泊通報サービス「民泊ポリス」が5月26日より運用が開始されております。

インターネットの匿名性を利用した民泊ポリス

違法民泊に対してはairnbnbでは自社サービスとして苦情窓口を設けていたり、京都市では民泊110番を設置して市民からの情報提供を求めております。

ただし、全国レベルで簡単に違法民泊を通報する仕組みがなかったのです。そのため、「民泊ポリス」は全国初の違法民泊通報サービスとなります。

f:id:rajincom:20160701125214p:plain

「民泊ポリス」の特徴は「ネットで通報するだけ、匿名でOK」というところでしょうか。ネットで手軽に通報できるのは良いとして匿名だとイタズラや嫌がらせの通報もたくさんありそうです。以下、原文のまま。

「物件アカウントを特定できずご通報の住所に所在するのは、歴としたホテルです」

「物件アカウントを特定できずご通報頂いた部屋番号は当ビルに存在しません」

「物件アカウントを特定できずまた、どのように検討しても宿泊は不可能な物件住所でした。」

「物件アカウントを特定できず弊社オフィスです。社員が寝泊まりすることもありますが民泊ではございません。残念でした!」

民泊ポリス・・・大丈夫か?・・・いつまで持つのか心配です。多少、切れ気味の返答も見受けられますので("^ω^)・・・

なお、事務所の契約条項には宿泊禁止と明記されていることがほとんどです・・・。大丈夫かな?ポリスは?

民泊ポリスが頑張った場合の成果は

民泊ポリスが匿名の情報を元に調査して違法民泊だと判明した場合には物件の管理会社や保健所などへ通報してくれるみたいです。以下、原文のまま。

「物件アカウントを特定し、保健所に情報提供しました。」

「物件アカウントを特定しました。管理会社にしかるべき対応を依頼しました。」

「物件アカウントを特定しました。管理会社が不明なため、管轄保健所に連絡しました。」

ただし、ほとんどが調査中です。また、管理会社や保健所がどのように対応しているのかは不明です。

管理会社であれば、もともと転貸利用の許可を出している場合は賃貸借契約違反にならないため、何もしないケースが多いと思われます。

また、保健所に至っても、民泊がグレーな部分がある以上、簡単に踏み込めないです。賃貸借契約を利用したウィークリーやマンスリーであれば違法とは言い切れないし、宿泊させていたとしても不特定多数を繰り返し宿泊させていない場合は対処の仕方がありません。

まとめ

「民泊ポリス」の開設経緯に書いてあります。「あまりいじめないでください。」と。でも匿名である以上、イタズラやあいまいな情報ばかり集まるのは仕方がないと思います。

もし、本当に迷惑を被っているなら匿名ではなく実名で意見を言うでしょうから…ね。なお、民泊の問題点としては一般的にはゴミの問題と騒音と言われております。しかし、ゴミに関しては民泊が商用利用である以上、運営者が法人のゴミ処理として処理しなけらばいけませんので、問題は「騒音」だけです。

現実的でない売春・麻薬など犯罪の利用はホテルや旅館、カプセルホテル、シェアハウス、ウィークリー、マンスリーの方が多いですから。

ひとり社長的には民泊ポリスはいいサービスだと思います。日本では個人が嘘をついて賃貸物件を借りて無断で民泊に利用しているケースが多いです。

これを取り締まるためには民泊ポリスはいいサービスだと思いますが、ぜひ、実名の投稿にして投稿する人も責任を持って通報して欲しいものです。