}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

起業したら売上総利益を強く意識した経営が必要!

f:id:rajincom:20160530172820j:plain

起業するとお金の管理がとても大切になります。このお金の管理ができないとザル状態になり、せっかく頑張って働いてもお金が残らない状態になります。

売上総利益(粗利)がなぜ大切か

売上総利益は一般的には粗利と呼びます。この粗利は起業した後に一番大切にしなかればいけない数字です。

粗利は「売上から売上原価を差し引いた利益」のことです。100万の売上があって、仕入れに50万円かかったら粗利は50万円です。

この粗利を常に管理することで事業を成長させていきます。もちろん利益率が高い方が良いのですが、利益率が高くても顧客満足度が低いと継続して売上を上げることができません。そのため、常に粗利を把握して価格設定をする必要があります。

売上総利益(粗利)は本当の利益ではない

粗利は粗削りな利益です。だから粗利とは本当の利益ではありません。粗利から販管費を差し引いたのが営業利益と呼ばれ、営業活動した結果得られた利益になります。

販管費は販売費及び一般管理費の略です。営業活動にかかった費用のうち、売上原価以外の金額を販管費と言います。人件費であったり、広告費であったり、事務所代であったり営業活動に使った費用のことです。

売上から売上原価を差し引くと粗利になり、そこから販管費を差し引くと営業利益になるのです。この営業利益が営業活動した結果の本当の利益です。

なぜ、営業利益よりも粗利を強く意識するのか

ひとり社長の場合もそうですが、販管費はコントロールができます。事務所をレンタルオフィスにしたり、社員を雇用しないで業務委託の方だけにしたり、広告宣伝を抑制したりすることで販管費を調整することができます。

そのため、日常的な営業活動においては売上と売上原価をしっかりと把握して粗利がいくらになっているのかが重要なのです。

経費を削減して営業利益が増えたとしても会社が成長しているわけではありません。粗利が増えていくのが会社の成長です。

ひとり社長は粗利と利益率から未来を考える

ひとり社長は会社運営から経理の隅々までひとりで対応しています。たくさんの数字やお金に触れますのでどれが一番大事なものかを見極めなければいけません

以前は会社に残るお金(キャッシュフロー)ばかり意識していましたが、現在は粗利と利益率を重点的に見て、未来を計画しています。

粗利や利益率からわかることは、その仕事の重要性と将来性です。お客様の需要が大きくて、付加価値が高い仕事は粗利や利益率が大きくなります。

その逆に粗利や利益率小さい仕事は重要性が低く、将来性にも疑問を感じます。これは常に粗利の数字を追いかけてればわかることです。

まとめ

ひとり社長の場合はすべての事業(賃貸仲介・賃貸管理・リフォーム・更新・airbnb)を売上高-売上原価=売上総利益(粗利)で表にまとめてあります。

そして、別の用紙に売上総利益から販管費(経費)を差し引いた営業利益、経常利益、税引前利益、当期純利益が一覧になっている表をまとめています。

簡単に言うと、売上から仕入れを引いたのが売上総利益(粗利)です。さらに本業に必要な経費を差し引いたのが営業利益です。

本業以外の収益を加味して残ったのが経常利益です。一時的な損失や利益を加味して残ったのが税引前利益です。そして支払う税金をひいて最終的な利益が当期純利益になります。

これだけたくさんの項目があると数字を覚えるのも大変ですよね。だからひとり社長は起業してから一定期間は粗利だけを強く意識すればよいと思っています。

そもそも、起業してすぐに本業以外の収益や一時的な損失、利益など発生しません。そして販管費はある程度自由にコントロールできますので、結局は売上高と売上原価を意識した(粗利)経営が重要になるのです。