ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

起業してから3年間は収入0円の覚悟があれば起業は成功する!貯金と覚悟が大事です!

f:id:rajincom:20160520224401j:plain

ひとり社長は起業してから3年目のシーズンを過ごしています。最初の1年目はとにかくすべてが辛く精神的にも厳しい1年でした。そして2年目は事業スキームが出来上がり、新規顧客の獲得に時間が費やせるようになりました。そして、3年目はまだまだ苦しいですが徐々に先行投資を抑えて収益の確保ができるようになりました。その経験から言えるのは起業する前から起業後の最初の3年間は無収入でいる準備と覚悟があれば、ほとんどの起業は成功すると思いました。

石の上にも3年は正しい

いにしえから伝わる石の上にも3年という言葉はものすごく正しいと思います。学生時代を振り返ってもそうですが、良くも悪くも最低3年は続けないと何も得られません。

せっかく、一歩踏み出して行動したのに3年も持たずに辞めてしまうのは本当にもったいないのです。たとえ、失敗したとしても3年やってから失敗したことは、その失敗という経験がその後の人生に生かせるのです。

しかし、1年や2年で辞めてしまうと失敗したという事実と失った自信だけが残る結果になります。

 

onepresident.hatenablog.com

 

起業は生活がかかっているので貯金も大事

起業の場合も最低3年続ければ、目鼻がついて事業の見通しがついてきます。しかし、起業の3年は生活をどうするかという問題もありますので、3年間は無収入でも生活していけるだけの貯金をしておくことが大切です。

3年分の生活費というと莫大な金額に思えますが、事業資金として金融機関から融資を受けることも含めて考えれば、自分と家族の生活だけのお金でいいのです。会社を設立する費用や運営費は融資を受けて、それで回すのです。

なんとかなりそうですよね。ひとり社長もそのように起業をしましたから間違いなくなんとかなります。

それでも一番大事なのは3年間やる抜く覚悟です

お金は融資という借金でクリアできるとして、一番大切なことは起業してから3年間は何があってもやり抜くと言う覚悟です。

ひとり社長の場合も家族(妻と子供2人)の生活や会社運営でたくさん悩み、苦しみ、売上が悪かったときはもう会社を畳もうと思ったときも何度もありました。

また、業務委託の社員に裏切られたときなど、会社の先行きに不安と焦りしかなくて鬱状態になったこともあります。

それでも、もう会社員に戻れない、また、起業してから取引をして頂いている人の為に中途半端で終われないと歯を食いしばって今日まで生きてきました。

その結果、この3年目でなんとか生活に不安なく仕事に打ち込める環境ができつつあります。また、先行投資もだいぶ落ち着いてきましたので、今後は自分の所得や社内留保を増やすことができるようになりました。

まとめ

ひとり社長は自分の経験から起業してから3年間は無収入の覚悟があれば、3年間仕事だけに集中することができて、高い確率で起業が成功すると断言できます。

その3年間を仕事に集中するためには覚悟だけでなく、生活費もしっかり用意しておくといいです。そのお金が借金であっても3年間、生活資金のことを考えずに仕事に専念できる環境を作ることが大切なのです。