}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

不動産業界裏話① 他社のパスワードを無断で使用する

不動産事業

f:id:rajincom:20160517013529j:plain

不動産流通機構のレインズ(不動産流通システム)が平成28年4月より有料化されました。有料化された内容を見ると、これまで大量のダウンロードを実施してシステム障害を引き起こしていた会社に対抗する措置と考えられます。しかし、慌てたのは不動産協会に加盟していないのに、加盟している会社から流出したIDとパスワードで無断ログインをして利用していた会社や社員です。

レインズを使いたいなら不動産協会に加盟すればいいじゃん

そうです。簡単に言えば、不動産協会に加盟すればレインズを使うことができます。しかし、お金持ちはケチでプライドが高いので不動産協会に加盟したくないのです。

 

そもそも、不動産業を行うときに行政から「お前らは信用できないから法務局に供託金として1000万円預けろ、ちなみに、2店舗目からは500万円づつでいいぞ!」というのが不動産業界の供託金制度です。

 

しかし、普通にサラリーマンから起業したひとり社長みたいな人はそんな利息も付かないお金を1000万円も預けることができませんので、不動産協会に加盟するのです。

 

不動産業界は行政から「なんだお前ら!金がない、信用がないなら、不動産協会に入ってお金と信用を担保してもらえよ!!ただし、高額な入会金と年会費を支払えよ!」というのが不動産協会です。

 

そのため、お金があり、プライドが高い人は自分で法務局へ供託金を預けて、不動産協会には加入しないで不動産業を行っています。

 

不動産協会に加入しないとレインズが使えないので、その部分が痛いのです。しかし、わざわざ流通物件を使って他社の物件を客付けして儲けさせるのもバカらしいと考える人もいます。

 

そういう会社は自社で、家主様を開拓して、自社で客付けしてレインズ(不動産流通システム)を使わないのです。

 

その強い心を持った経営者の方はいいのですが、末端の社員さんは流通した物件を扱って楽に仲介したいと考えますので、他社のIDとパスワードを使ってログインして使っているケースが多いみたいです。

大手A社では「レインズが有料化したから今後はレインズを使うな!」と指示

バカらしい話ですが、賃貸仲介大手のA社では店長会議で真顔でレインズが有料化されて、他社のIDとパスワードでログインした画面で物件を閲覧したり、資料をダウンロードすると課金されて無断ログインがバレるからレインズは今後使うなと言うまともな指示を出しました。

 

どこまでも低レベルな話です。しかし、そのA社は全国チェーンで税金対策を徹底していて各地区ごとに分社化しているのです。そして、当然、法務局へ自ら供託金を預けて不動産協会には加盟していませんのでレインズは使えないのです。

 

しかし、いままで店舗の社員は他社のIDとパスワードでログインしまくって、レインズを活用しまくっていたのです。それを本社など幹部社員も知っているので、店長会議で今後レインズを使うなという指示を出したのです。

レインズのIDとパスワードはどこから漏れたのか?

サーバーをハッキングされたのではありません!!不動産会社は離職が多く、転職先も不動産会社というのが一般的です。

 

そのため、転職先が不動産協会に加盟していない場合は前の会社のIDとパスワードを使ってログインしてレインズを使っているのです。

 

しかも、そのIDとパスワードを新しい会社の同僚に教えますので、前の会社のIDとパスワードはあっと言う間に他社に知れ渡るのです。

 

これはM社だけの話ではありません。不動産協会に加盟していない不動産会社ならほとんど行っていることです。

 

ひとり社長は管理会社を経営しています。もちろん、不動産協会に加盟していますので、自社の管理物件を掲載して他社に募集を依頼したりします。

 

そうすると、不思議なことに不動産協会に加盟していない不動産会社さんから普通にお問い合わせが入るのです。当社はレインズだけに掲載しているので不動産協会に加盟していない会社が見られるはずがないのです。

まとめ

インターネット社会はIDとパスワードが命です。サーバーをハッキングされなくても情報が漏えいすることは良くあります。

 

面倒でも定期的にパスワードを変える習慣をつけたいものです。また、推測できないパスワードにすることも忘れないでください。

 

そして、そのパスワードの管理にも十分注意してください。間違ってもパソコンの中に保管しないでくださいね。