ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

プライベートジムに学ぶ体脂肪を落とす食事の話!!

【最終更新日2018/4/7】

知り合いの中でプライベートジムに通う人が増えています。以前は普通のスポーツクラブ(ティップネスやコナミ)に通っていた人が、自分で運動するだけではなかなか脂肪を落とすことができないと言う理由でプライベートジムに切り替えているのです。プライベートジムの大きな特徴はトレーニングではなく食事管理です。炭水化物を減らす食事を徹底することで身体についた余分な脂肪を落としているのです。

 

プライベートジムの特徴

プライベートジムの特徴は、一般的なスポーツクラブと違って、個人ごとに食事から運動までのメニューを作ってくれることです。

 

脂肪を落とすには食事を気をつけて、運動をしますが、ただ、自分でそれをやろうと思うと成果が見えづらくて継続が難しいのです。

 

そこで、プライベートジムでは、個人にカウンセリングをして食事の指導や報告、運動の指導をしてくれるのです。食事に関しては食べたものを写メして、トレーナーに報告することを義務づけているところが多いです。

 

しっかりしたメニューを作って、強制的に食事と運動をコントロールして短期間で脂肪を落とそうということです。

 

プライベートジム最大手のライザップの特徴は

  • 専属トレーナーによるマンツーマントレーニング
  • 食生活やメンタルのマネジメント
  • 30日間無条件全額返金保証
  • 1日50分、週に2回の無理のないトレーニング
  • 無料カウンセリング・完全個室のプライベートな空間

 

ライザップはマンツーマントレーニングなのでこれまでダイエットやジム通いが続かなかった人におすすめです。

 

一般的なオープンスペースのジムで自己責任でトレーニングしてもなかなか効果を実感することができませんが、マンツーマントレーニングであれば目に見える形で効果を実感することができます。

 

ライザップはプライベートジム最大手ですが、人気の理由はその効果が見えるところと「30日間無条件全額返金保証」があるところです。実際にプライベートジムを体験して見て効果が見えなければ無条件で返金してもらえるのです。

 

詳しくはこちらを参照ください。

[ライザップ]無料相談予約、受付中/今までのカラダを脱ぎ捨てろ!

ライザップの食事指導とは

ライザップでは

1、低炭水化物(低糖質)かつ高たんぱく質の食事

2、食事の量をコントロールする

3、食事をするタイミング

この3つを指導しています。簡単に言うと「炭水化物を食べないで、たんぱく質を食べる。そして脂肪は控えめに」と言うことです。

なぜ、炭水化物を食べてはいけないのか?

みんな大好き炭水化物!!ごはん、パン、うどん、ラーメン、パスタ、どれも炭水化物です。朝、パンを食べて、お昼にラーメンを食べて、夜にごはんを食べていますよね?炭水化物ばかり食べていますよ!!

 

そうです!気が付かないうちに炭水化物ばかり食べているのです。炭水化物は車に例えるならガソリンです。ガソリンを入れないと車は走りません。

 

だから、炭水化物を食べて人間は行動をしているのです!しかし、現代人は炭水化物を食べ過ぎているそうです。そのため、炭水化物をエネルギーとして燃やしていますが、余っている状態になっているのです。

 

誤解してはいけないのは「炭水化物が悪いのではありません!!!」「炭水化物を取り過ぎるのがよくないのです!!!」

 

炭水化物を取り過ぎるとエネルギーとして使わなかった分が糖分になり、さらに中性脂肪になり体脂肪が溜まってしまうのです…。

ひとり社長が実践する炭水化物抜きの簡単メニュー

上記のようにいろいろ考えながら食べるのは大変です。そのため、ひとり社長は炭水化物をブロッコリーに置き換えてしまいます。

 

なにも考える必要はありません。特に好きなのがカレーライスです。いや、カレーブロッコリーです。ごはんの代わりにブロッコリーをよそって、その上にカレーをかけて食べるのです。

 

美味しくて、ヘルシーで食べているだけで幸せになります。また、普通の定食みたいなごはん、お味噌汁、おかずの場合でもごはんをブロッコリーに置き換えてしまいます。ごはん茶碗にゆでたブロッコリーを入れるだけです。

 

ひとり社長はブロッコリーは冷凍のものを使っています。ごはんにもおやつにも食べていますので冷凍ブロッコリーは大変重宝します。

 

近くの西友でまとめ買いをしますので切らすことはありません。また、ブロッコリーは塩で食べてもおいしく、マヨネーズで食べてもおいしく、ガーリックで食べてもおいしいです。

 

味付けは好みでいいと思います。辛いのが好きな人はマヨネーズと七味唐辛子がおススメです。また、アンチョビや納豆など、もう一品追加するのも飽きずにおいしく食べるコツです。

食事は昼>朝>夜の順番で量を調整しましょう!

良く言われていることですが、夜にドカ食いをしてはいけません。また、食事を抜くのもいけません。脂肪を落として健康的な体を作るためには3食しっかり食べた方が良いのです。

 

また、食べる量は昼ご飯を一番多くして、その次に朝ご飯、そして夜ご飯は少なめにすることを徹底します。食べる量をコントロールするだけでもダイエット効果は高いです。

 

そこで、脂肪を落として痩せるためには炭水化物を食べないでようにします。そうすると炭水化物の代わりに脂肪を燃やして行動をしますので、結果として脂肪を落としやすい体にすることができるのです。

食事をするタイミング

不規則な現代人は食事をする時間がまちまちですが、絶対に守りたいのが夜の9時以降はできるだけ食事をしないようにしましょう。

 

遅い時間に食べて、そのまま寝ると、そのまま脂肪になってしまいますよ!(比喩です)朝、昼に食べたものは体を動かすエネルギーとして消化されますが、夜に食べてしまうと脂肪が付きやすくなってしまいます。

 

どうしても夜遅くに食べるときは、豆腐やサラダなどの軽い食事にするといいらしいです。夜中の夜食もほんとうは止めた方がいいですが、できるだけ軽いものを食べるようにしたいですね。

 

食事に関する詳しい内容はこちらを参照ください。

遂に到来!RIZAPで肉も魚も食べるダイエット/無料カウンセリング受付中

まとめとして「食べてはいけない食材」

「食べてはいけない食材」と言っていますが、食べ過ぎてはいけない食材が正しい言葉です。美味しく食べていいのですが、食べ過ぎると太るという食材です。

 

1、炭水化物

ごはん、もち、パン、ラーメン、うどん、パスタなど

2、イモ類

じゃがいも、さつまいも、サトイモ、山芋、長芋など

3、野菜類

ニンジン、トウモロコシ、カボチャ、トマトの糖質が高い野菜

4、菓子類・・・全般的にいけません‼

5、アルコール

ビール、日本酒は糖質が多いので我慢しましょう。

6、脂質の高いもの

揚げ物、ソーセージ、サラミ、油揚げ、マヨネーズなど

 

徹底し過ぎると嫌になってしまうので、炭水化物の摂取を控えて、脂肪を燃やすことを意識するくらいでいいと思います。

 

あとはしっかり運動して、食べ過ぎたり、食べる時間を間違えなければ肥満になることはないでしょう!

 

本当に仕事ができる人は体調管理もしっかりしています。ただ、激務でストレスの多い中小企業の社長さんはストレスを緩和するために良く食べるので太る傾向にあるそうです。

 

でも、その食べて太るという行為が病気まで行くのを防いでいる側面もあるそうなので、よく食べてストレスを緩和しながら、食べるものや食べる時間に気を使いたいものです。

 

以上、プライベートジムに学ぶ体脂肪を落とす食事の話!!でした。