}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

水道工事 インターネットで調べて頼んだら高額請求をされた

不動産事業

f:id:rajincom:20160418100538p:plain

表題のように水道工事を自分でインターネットで調べて、自分で業者を手配したら高額請求をされたお話しです。

水道工事をインターネットで手配する

今回は当社物件の入居者さんが被害に遭いました。台所の水が出なくなったため、修理を依頼したかったのですが、学生さんであったため、インターネットで自分で調べて、自分で工事を依頼してしまったのです。

本来は管理会社である当社か、当社が用意してある緊急・設備不良に24時間365日対応する業者を利用するのですが、今回は入居者さんが間違えてインターネットで手配してしまったのです。

インターネット上では安く表示されている

インターネット上で受け付けている業者さんはどの業者さんも最安値と表記しています。また、お客様の不安を解消するために「女性オペレーターが対応します」や「今なら通常料金から○○○円割引キャンペーン中」となっています。とってもお得に見えますね(笑)

f:id:rajincom:20160418101531p:plain

水道の水漏れに関しても3,000円~となっています。この「~」は危ないですね。もちろん、現場を見ないと正確な見積もりが出せませんが「~」があるおかげで3,000円と表示してあっても、上限は無限ですから、いくらでも請求ができます。

実際に頼んだ結果

実際にインターネット上からお申し込みをして水道工事をしてもらいましたが、結果として請求されて支払った金額が20,520円でした・・・(汗)

請求されたのは

・水漏れ基本料金    6,000円

・部品代(スピンドル) 5,000円×2=10,000円

・部品代(パッキン)  3,000円×2=6,000円

・諸経費        1,000円

・割引サービス     3,000円

・合計         19,000円(税込20,520円)

 

※高額請求されていますけど、割引サービスはしてありますね。この辺が高額請求と思わせないテクニック的なところなんでしょうね。

なお、部品代はスピンドルセットとして一般向けにも売られていて、スピンドルとパッキンのセットで1セット300円~400円程度です。2つセットなら最大800円というところでしょうか。それが部品代として16,000円請求されています。

水道の蛇口を交換してもそんなにしないよ!と思いましたが、工事代金を提示され、その金額を支払ってしまうと合意したことと見なされますのでぼったくりではないんだと思います。

あくまで、この金額でやりますがどうですか?と言われて、了解しました。お支払いします。という合意の上ですから。ただ、現場で見積もりされて断ることは難しいでしょうね。

まとめ

一般的には業者を呼んで工事を依頼すると1万以上するんだと思います。なお、当社の場合は緊急時・設備不良の時に24時間365日対応する業者さんを用意しておりますが、今回の水道工事をそこへ依頼すると「無料」でやってくれます。

入居時や更新時にその安心入居サポート(16,200円)に加入して頂いておりますので、何度でも緊急時や設備不良時に呼んでも無料で修理してくれます。部品代は有料ですが、これは基本的にはオーナー様のご負担になりますので入居者ご本人様のご負担はありません。

また、今回のような水道工事(スピンドル・パッキン交換)などは部品代3,000円までは安心入居サポートの保証範囲内になりますので、そもそも無料でした。

当社も原状回復工事(リフォーム)の時に小規模修繕(水栓パッキン交換等)を無料でオーナー様へ提供していますのでどのみち無料です。

良い、悪いは判断しかねますが、いろんな情報を常に把握しておくことが大切だと思いました。今回の件も当社か緊急対応業者へ連絡していれば無料で修理することができましたし、インターネットで水道工事の費用を検索していれば、1万円以上かかることがないのは明らかでした。

インターネット社会は情報弱者にはやさしくないと言いますが、ほんとうにそうだなと思った今回の件でした。