}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

精神を正しく保つために健全な楽しみを見つけよう

会社運営 起業

f:id:rajincom:20160412232059j:plain

最近はスポーツ界を中心に賭博問題で大騒ぎですね。清原の覚醒剤騒動の次は賭博騒動と世間を飽きさせない感があります。どちらもスポーツ選手として一流の人なのに何故そんなことをしてしまったのか不思議に思います。

世間から成功しているように見えても実際は息苦しい

スポーツ選手として一流で、かつ、金銭的にも恵まれている人がなんでわざわざ人生をぶち壊すようなことをするんでしょうか?悪いたとえかもしれませんが、不倫なら人間として他の人を好きになってしまい、禁じられたお付き合いに踏み込んでしまったと理解できるのですが、賭博や覚醒剤は私には理解ができません。

でも、一流だから、お金を持っているから幸せというわけではなさそうですね。有名になってしまい人目が過剰に気になってくると、その人目から逃れようとして悪い方向へ進んでしまう気持ちは想像できます。

世間からは成功者として見られているけど、自分の中で満たされない気持ちがあるのも想像できます。たまには羽目を外して飲んだあとに公園で裸になって・・・SMAPの草薙か・・・ということをしてみたくなる衝動もわかります。

精神を正しく保つために健全な楽しみを見つける

しかし、その満たされない、息苦しい自分と向き合いながらも、それをうまくコントロールして人生を幸せに生きていく人もいると思います。コントロールすると言うことは、たまには息を抜いたり、手を抜いたり、羽目を外したり、心から楽しんでみたりすることが大切だと思います。

私自身も起業してから現在までの2年間、常に将来の不安や事業の不安、資金繰りの不安に悩まされ続けてきました。会社員の頃はぜんぜんなかった白髪も、起業した後から少しづつ増えています。

一時、社員を雇用してうまくいかず、損失が出てしまいました。また、その社員があまり良くない辞め方をしたため、私もガックリきて鬱的な症状がでたことがあります。

その時は、家族の支えがあり、趣味のゴルフや釣り、ギターに打ち込むことでなんとか精神的には乗り越えることができました。仕事に関しては損失があっても、なくても、やるべきことをやるだけです。それは鬱状態であっても家族の生活のために仕事はなんとか続けることができました。

結婚していれば妻や子供と触れ合うことで多少癒されますが、それでも嫌なことを頭の中から消して、集中して打ち込むことができる趣味があって、本当に良かったと思います。

また、趣味でなくても「健全な楽しみ」が毎日の生活の中にあると精神を正しく保つことができると思います。私であれば、妻と買い物へ行くことであったり、子供と公園に行くことであったり、自宅の前の用水路でザリガニを釣ることであったり、近くの河原でバーベキューをすることであったり、新しガジェットを購入することであったり、一人で飲み屋さんに行くことであったりします。

まとめ

起業したら苦しみのスタートだと思って間違いありません。会社員、サラリーマンという安定した生活は無くなります。仕事をする、しないは問題ではありません。売上が上がったか、売上がなかったか、その結果だけが必要となります。

また、売上を上げ続けなければ生活していくことができませんので、明日の売上、来週の売上、来月の売上、来年の売上と常に気になりますし、不安が付きまといます。

でも、その圧力に屈してはいけません。逆に楽しむくらいの余裕があれば本当は良いのでしょうが、そこまででなくても、趣味や健全な楽しみを持つことで精神を正しく保つことができると思います。

道を踏み外すのは簡単です。でも、踏み外したら二度と戻ってこれません。毎日悩み、苦しみます。だからこそ、仕事をしていても、ほんの少しでも悩み・苦しみを忘れられる時間を持つことがとても大切だと思います。

追記

うちの子供たちを見ていて思います。素直でいい子の時と、なかなか言うことを聞かない時の違いは「よく遊んで満足したか」です。よく遊んで満足しているときは、素直に宿題をやり、お手伝いを進んでやってくれます。

これは大人も同じことが言えるんでしょうね。大人の方がしがらみやストレスが多いのでよりシビアに自分をコントロールすることが大切かもしれません。