}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

個人メディアの情報有料化について

f:id:rajincom:20070713192957j:plain

もともとブログをあまり読まない私もはてなブログで「ひとり社長の奮闘記」を書き始めてから、できるかぎりたくさんのブログを読もうとしています。まだ、はてなスターやはてなブックマークなどの使い方はわかりませんが、たくさん読んで勉強したいと思っています。

情報を有料で販売する是非について考えるきっかけ

ふと、たくさんのブログを読んでいるうちに最近はブログではなくnoteが流行っているみたいな記事がたくさん出ているなと思っていました。いままでブログで無料で出していた記事を有料化しているな程度に考えていましたがこの記事を見て考えさせられました。

www.bloglifer.net

販売する情報とは買い手がいれば、何でもよいのか?

もともと、インターネット上のサービスや情報は無料が基本でした。Yahooにしろ、Googleにしろ、検索サービスで課金したことはありません。あくまでもサービスを使ってもらい、そのサービスに付随している広告料収入を得るのがビジネスモデルでした。

ブログにしてもブログの閲覧は無料で人を集めて、広告の収入や有料メルマガに誘導して稼ぐのが一般的でした。しかし、最近はブログで頭の部分(リード文)だけ表示してあとは有料になりますよという形態が多くなっている気がします。

もちろん、プロブロガーであれば人気商売ですから、ブログの人気が出て、それをマネタイズするのは別に問題のないことだと思うのですが、問題は有料で提供する情報に価値があるかです。

もしくは、価値のない情報でもそれを求める人(踊るバイエイターさんの言うところの信者でしょうか?)がいれば、有料でどんどん販売すればいいんじゃない?という感じなのかです。

この部分に関しては、私は「買う人がいるならそれでいいんじゃない」という考えです。どんな商売でもそうですが購入したものが役立たなかったり、つまらなくなったら、継続して買わないです。また、役立たなかった、つまらなかったという情報は現在ではネット上ですぐに伝わりますので「買う人がいるなら、どんな情報でもいいんじゃないの?」とは思っています。

ただ、やたらとお金、お金、お金という人が私は嫌いなので、そういうブログは見ないようにしていますし、noteなどを購入することはありません。

情報の正確性や価値について

大手メディアであっても時として情報が間違っているとこがあります。個人のブログなどはなおさらです。取材したわけでも、体験したわけでもないのに、記事を書いているのですから。

勉強熱心な方であれば、ネットサーフィンをじっくり行って、間違いがないように記事を書いている人もいるとは思いますが、少なくともたくさんの記者が取材して、それをチェックする部署がある大手メディアなどよりは信頼性が大きく劣ると思います。

たとえば、ある経済に詳しい方が経済情報を自分なりに解釈して読者にわかりやすく説明した定期購読マガジンを発行します。その金額は月額3,240円でした。もし、経済の情報が欲しいのであれば、迷わず日経新聞を購読した方が情報が正確で、早くて、良いと思います。

でも、すでに日経新聞を購読していて、それでも経済に詳しい人の意見を聞きたいなら定期購読マガジンを購読してもいいんじゃないかと思います。それであれば、日経新聞などでしっかり情報を得たうえで、経済に詳しい人の意見を聞くことができますので、ニュアンスが正しいか、正しくないかなど自分なりに解釈ができるからです。

情報の価値はあくまで主体的なものです。ほんとうに無意味な文章があったとして、それが自分の好きな芸能人の文章であれば購入しても何も問題ないのでしょう。その無意味な文章(ごめんなさい。極端な言い方にしています)によって、満足感など得ることができるのであれば、その人にとって価値のあるものだったと言えると思います。

まとめ

書いているうちに何を言いたい文章なのかわからなくなりました。しかし、情報の正確さや価値はあくまでも「情報を受け取る側の人」が判断するしかないものだという気がします。

そして、情報の価値は主体的なものですから、どんな情報であれ、その情報を受けた人が価値を与えればいいんだと思いました。