ひとり社長の奮闘記

脱サラしてひとり社長として生きる!人生を最大限に楽しむためにひとり社長として日々奮闘しています!

事務所も固定電話もいらない起業してすぐに役立つサービス8選!

f:id:rajincom:20180323102051p:plain

【最終更新日2018/3/22】

 起業すると事務所や固定電話、FAXな必要なものがたくさんあります。しかし、現在はネットを活用した様々な起業に役立つサービスがありますのでご紹介いたします。

 

業務効率を向上させて費用はできる限り抑える

会社員のころはすべてが揃っている環境で仕事だけをしていればよかったのですが、起業するとすべてはゼロからスタートしますので何が必要なのかがさっぱりわかっていませんでした。

 

でも、少しづつ創意工夫をしていくに連れて会社としての機能が備わっていき、業務が効率化されていくのが本当に楽しかったのを覚えています。その時にお世話になったサービスをご紹介します。

 

大切なのは、業務効率を向上させるサービスであることと、費用をできる限り抑えられることです。これから起業される方や現在起業して頑張っている方向けの記事になります。

レンタルオフィス・バーチャルオフィス

起業するときに自宅で起業するのが本当は一番良いのかもしれません。起業時はとにかくお金が掛かりますので、固定費である事務所の賃料を抑えることが重要だからです。

 

しかし、自宅で起業すると会社登記や連絡先が自宅となり、取引相手から信用されなかったり、個人のプライバシーが守られなくなる恐れがあります。そのため、レンタルオフィスやバーチャルオフィスを利用することをおススメします。

 

 ※バーチャルオフィスは住所を貸してもらえたり、荷物の受取代行をしてくれたり、電話を転送してくれたり、電話を代行(代わりに受ける)してくれたりするサービスです。詳しくはこちらを参照ください。

SOHO・起業家・週末起業家が使うバーチャルオフィス

 

レンタルオフィスを借りるメリット

  1. 東京都内の1等地に住所があるだけで法人としての信用がアップします。
  2. 賃料には光熱費(電気・ガス・水道)やインターネット費用、ごみ処分費が含まれていていますので安くて、手続きなどの手間もかかりません。
  3. レンタルオフィスによっては受付があり、郵便物を預かってくれたり、電話対応を代行してくれますので仕事に集中することができます。
  4. 応接スペースが完備しているところもたくさんありますので商談や接客にも利用できます。

 

※無店舗・事務所無しで起業するのは当たり前の時代です。アメリカみたいに自宅が広ければ自宅のガレージで起業したいのですが…日本の場合はレンタルオフィスがおすすめです。詳しくはこちらの記事を参照ください。

 

 インターネットFAX

FAXは時代遅れの設備だと思っていますが、不動産業界はいまだにFAXが全盛期です。不動産協会が率先してFAXを利用してお知らせを流してくるのでFAXがないと不動産会社はできません。

 

でも、現在はインターネットFAXがありますので、パソコンやスマートフォンでFAXを受信することができます。外出先でも自宅でも会社宛てのFAXを確認することができるのは本当に便利です。

 

※紙ベースのFAXもインターネット上で送受信できる時代です。詳しくはこちらを参照ください。

いつでもどこでもFAX送受信!ToonesインターネットFAX

 ネット銀行(楽天銀行・ジャパンネット銀行など)

起業するならネット銀行は必須です。振込手数料など各種手数料が安く、また、いつでもどこでも振込や残高の確認ができます。

 

また、都市銀行や信用金庫は法人の場合の口座開設がたいへん面倒だったり、場合によっては断られたりします。

 

しかもネットサービスを利用するには都市銀行も信用金庫も法人口座の場合は有料です。そのため起業したら迷わずネット銀行に口座を開設することを強くお勧めします。

 

※おすすめは楽天銀行です。起業したばかりの頃は会社自体に信用がなく、また煩わしい手続きをする時間もないため、楽天銀行で簡単に口座を開設するのがおすすめです。詳しくはこちらを参照ください。

無料のネット銀行口座開設

 

無料ホームページJimdo

起業するときに、どんな商売でもホームページは必要です。たとえ、チラシやパンフレットなどが集客手段であっても、どんな会社か調べるときにお客様は会社のホームページを見ます。現代においてホームページは会社の看板なのです。

 

しかし、ホームページ作成業者に依頼すると初期設定費用や更新費用がものすごく高く起業したばかりの会社には負担が大き過ぎます。そこで無料でホームページを作成できるJimdoをお勧めします。

 

通常、ホームページを自分で作成すると、作成した後いサーバーを借りて、そこへホームページをアップロードする必要があったり、ドメインを購入する必要があったりしますが、Jimdoはクラウド型のシステムになりますので、新たにサーバーを借りる必要やドメインを購入する必要がありません。手間も費用も抑えることができます。

 

また、直観的にホームページを作成することができますので、使い慣れてしまえば、写真をきれいに並べたり、動画をいろいろな見せ方にしたり、カラムを上手に利用してプロみたいなデザインにすることができます。使う人のアイデア次第で自由にホームページが作れます。

 

当社のホームページもJimdoのサービスを利用しています。詳しくはこちらを参照ください。

ありえないほど簡単にホームページができる【Jimdo】

ホームページ作成

転送電話サービス

起業してたくさんやることがあるときに電話の前にずっといることはできません。外で活動しながらも会社にかかってくる電話を受ける必要がありますので、転送電話は必ず必要になります。

 

最近では固定電話を借りなくても、手持ちのスマートフォンに会社の電話番号(東京03など)を設定できるサービスもありますのでぜひ活用してください。

 

 ※スマホで03の番号を使えると本当に便利です。詳しくはこちらを参照ください。

固定電話を持ち歩く。スマホで03/06/0120運用

クラウド型会計ソフト

起業すると必ず確定申告が必要となります。個人事業主でも法人でも必要です。一般的な会計ソフトの場合は購入費用が高く、また、毎年税法の改定などがあるとバージョンアップ費用が掛かります。

 

しかし、クラウド型の会計ソフトであれば自動でどんどん新しくなりますし、費用は月額だけで済みますので、これから起業する方にはお勧めです。また、どこにいても、どのパソコンからでもクラウド会計ソフトは利用できるので大変便利です。

 

※おすすめはクラウド会計のfreeeです。会計に詳しい方には向きませんが会計の初心者には大変役立つクラウド会計ソフトです。詳しくはこちらを参照ください。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

電話秘書サービス

電話をスマートフォンに転送していても、打ち合わせ中や移動中に電話にでることができません。せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうことにもなります。

 

そこで、電話秘書サービスを利用すると女性が丁寧に電話対応をしてくれますので、ビジネスチャンスをつかみ、会社の信用もアップさせることができます。

 

ネット印刷サービス

名刺やチラシ、パンフレットなど、起業するとたくさんの印刷した紙を使います。ネット印刷であれば、とても安く、きれいに仕上がりますので大変お勧めです。自宅のプリンターやコンビニでコピーするよりも安くてきれいです。

 

※大量にCMを流しているラクスル…それでも規模の利益が得られるのか印刷物が安く制作できます。サイトも使いやすいのでおすすめです。

激安印刷通販ならラクスル!

追記:お中元・お歳暮など贈り物の「のし」はネットで無料で作れます!詳しくはこちらの記事を参照ください。

 

 まとめ

「起業」と聞くと大変そうなイメージがありますが、現代の起業は意外に気楽に始めることができます。

 

ひとり社長が起業したときに使ったサービス一覧

  1. 事務所がなくてもレンタルオフィスやバーチャルオフィスを借りることができます。
  2. 固定電話がなくてもスマホで03の着信・発信ができます。
  3. FAXがなくてもスマホでFAXの送受信ができます。
  4. 銀行口座はネット銀行であれば起業したばかりでもすぐに開設できます。
  5. ホームページもソフトとサーバーが一体型のクラウドタイプなら簡単に作成できます。
  6. 社員がいなくても電話代行(秘書)サービスを使えば受付嬢がいる会社に変身できます
  7. 会計はクラウドタイプの会計ソフトで簡単に帳簿をつけることができます。
  8. 名詞やチラシなどネット上でデザインして簡単に作成できます。

 

良い時代ですね。

 

以上、事務所も固定電話もいらない起業してすぐに役立つサービス8選!でした。